別部捷夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
別部 捷夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県板野郡板東町
生年月日 (1940-07-28) 1940年7月28日(78歳)
身長
体重
172 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 捕手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

別部 捷夫(わけべ よしお、1940年7月28日 - )は、徳島県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手捕手

来歴・人物[編集]

鳴門高校では1958年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、中学時代の同級生である徳島商板東英二に0-1で完封を喫し、甲子園出場はならなかった。卒業後は明治大学へ進学。一枝修平辻佳紀八木孝、松本雄作(4年中退、国鉄)らと同期であった。東京六大学野球リーグでは1961年春季リーグに優勝している。同年の全日本大学野球選手権大会に出場するが、準決勝で日大に敗れた。

1963年国鉄スワローズへ入団。2年目の1964年には開幕直後から右翼手のポジションを獲得する。同年は主に二番打者として活躍し、規定打席(25位、打率.245)にも到達するが、その後は段々と出番が減る。1968年岡本凱孝の移籍により層の薄くなった捕手陣を補強するとともに、定評のある打撃を活かすため、大学時代に経験のある捕手へと転向。しかし肩が弱く、加藤俊夫の台頭もあってレギュラーには届かなかった。1969年は1試合も一軍での出場が無く、この年に引退した。

板東里視は中学校、高校の1年後輩にあたる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 国鉄
サンケイ
53 90 82 7 21 5 0 1 29 7 1 0 0 0 8 0 0 17 0 .256 .322 .354 .676
1964 116 437 376 48 92 12 0 13 143 45 9 8 11 2 46 0 2 56 11 .245 .330 .380 .711
1965 102 242 219 15 52 4 4 4 76 23 0 2 1 0 21 0 1 42 5 .237 .307 .347 .654
1966 69 151 130 6 23 3 0 1 29 10 0 2 1 1 18 0 1 26 5 .177 .282 .223 .505
1967 70 103 85 5 21 4 0 2 31 20 0 0 0 2 16 2 0 12 6 .247 .366 .365 .731
1968 79 180 156 14 35 3 0 4 50 13 0 0 0 1 21 2 2 34 6 .224 .324 .321 .645
通算:6年 489 1203 1048 95 244 31 4 25 358 118 10 12 13 6 130 4 6 187 33 .233 .321 .342 .663
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 22 (1963年 - 1967年)
  • 26 (1968年 - 1969年)

関連項目[編集]