利根川裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

利根川 裕(とねがわ ゆたか、1927年3月28日 - )は、新潟県糸魚川市出身の作家である。テレビ朝日系の深夜番組「トゥナイト」の司会を長く務めた。

略歴[編集]

新潟県立糸魚川中学校新潟高等学校を経て1950年東京大学文学部哲学科卒業。同大学院中退。東京都立上野高等学校教員ののち1959年中央公論社に入り『婦人公論』副編集長など、1966年編集局次長で退職、作家となる。1968年「糸魚川心中」で直木賞候補、1969年「B少年の弁明」で直木賞候補。1980年から1994年まで「トゥナイト」の司会。

1980年『十一世市川団十郎』『ホットアングル』で日本文芸大賞特別賞、1991年『それぞれの方舟』で日本文芸大賞受賞。2007年大衆文学研究賞受賞。歌舞伎に詳しい。

1994年から1998年まで新潟経営大学教授。

TBSチーフプロデューサーである利根川展は息子。

著書[編集]

  • 『宴』(糸魚川浩)筑摩書房 1966 のち中公文庫(利根川名)
  • 北一輝 革命の使者』人物往来社(近代人物叢書) 1967
  • 亀井勝一郎 その人生と思索』大和書房 1967
  • 『幸福の素顔』集英社 1967
  • 『館』講談社 1969
  • 『開かれた暦』中央公論社 1971
  • 『私論・天皇機関説』学芸書林 1977
  • 十一世市川団十郎』筑摩書房 1980 のち朝日文庫
  • 勝海舟に学ぶ人間鑑定法 人のどこを見、どう育てるか』日本文芸社 1980
  • 『日本人の死にかた “白き旅"への幻想』PHP研究所 1981 のち朝日文庫
  • 『暦のある風景』講談社 1985
  • 『喜屋武マリーの青春』南想社 1986 のちちくま文庫
  • 『明治を創った人々 乱世型リーダーのすすめ』講談社文庫 1986
  • 『それぞれの方舟』文化出版局 1990
  • 『歌舞伎英雄伝説』講談社 1994
  • 『あらすじで読む名作歌舞伎50』世界文化社(ほたるの本) 2004
  • 『利根川裕のじつは、じつはの話』右文書院 2005
  • 『歌舞伎ヒロインの誕生』右文書院 2007
  • 『歌舞伎ヒーローの誕生』右文書院 2007

編纂[編集]

  • 愛がつまずくとき 『婦人公論』体験手記1 中央公論社 1983
  • 女が男と離れるとき 『婦人公論』体験手記2 中央公論社 1983.5
  • 嫁と姑のたたかい 『婦人公論』体験手記3 中央公論社 1983.8
  • 智弥子百句 長谷川智弥子俳句 おぐに山荘出版 1992.10

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

テレビCM[編集]

  • 協和発酵「カラダワンダーランド」シリーズ(1989年~1990年)

出典[編集]