利益配当請求権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

利益配当請求権(りえきはいとうせいきゅうけん)とは、株式会社株主が持つ権利の一つであり、企業の利益の分配である配当を受け取ることができる権利である。

日本においては、会社法105条1項1号に規定がある(「剰余金の配当を受ける権利」)。

概要[編集]

企業が必ず配当を出さなければならないわけではなく、利益が無い場合や、あっても内部留保を厚くしたいとの経営判断により、無配になることもある(会社法461条などを参照)。配当の有無や金額は一定の要件を充たす場合(459条など)を除き、株主総会の決議によって決定される(452条)。

また、この権利により、株式には企業の利潤の価値が付与されているとみなすことができ、株券が発行されている場合、株券は利潤証券であると考えられている。

関連項目[編集]