前原康宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前原 康宏(まえはら やすひろ)は日本経済学者。専門は金融論。日本銀行金融研究所審議役、一橋大学大学院経済学研究科教授、国立大学法人一橋大学役員補佐、日本証券アナリスト協会代表理事等を歴任。

人物・経歴[編集]

1974年一橋大学経済学部卒業、日本銀行入行。1978年ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス経済学部博士課程に入学し、1981年修了、経済学博士の学位を取得[1]。専門は金融[1]

国際畑を歩み[2]ブルッキングス研究所客員研究員、日本銀行ワシントン事務所長、日本銀行政策委員会室審議役、日本銀行在ニューヨーク米州駐在参事日本銀行金融研究所審議役等を経て、2005年一橋大学大学院経済学研究科教授。2008年国立大学法人一橋大学役員補佐[3][1]。2013年公益社団法人日本証券アナリスト協会代表理事[4]

著作[編集]

著書[編集]

  • "The Duration of Jobs in the USA and Japan." London School of Economics, 1981

主要論文[編集]

  • "The Internationalization of the Yen and Its Role as a Key Currency," Journal of Asian Economics, Vol. 4, No. 1,1993
  • "Japan’s Stock Market: Lesson from the Recent Boom and Slump," Journal of Asian Economics, Vol. 6, No. 1,1995
  • "Financial Stability in Southeast Asia," Journal of Asian Economics, Vol. 9, No. 2, 1998

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「氏 名 前原 康宏」一橋大学大学院経済学研究科
  2. ^ 「『日米欧が直面した「ギャップ」の時代 (1)』 ―前原康宏 氏」FOREX PRESS 2012年03月29日(木)
  3. ^ 「日本証券アナリスト協会専務理事 前原康宏さん(63) 知識と倫理 プロの条件」2013/12/25付日本経済新聞 朝刊
  4. ^ [1]公益社団法人日本証券アナリスト協会