前尾道市長夫婦殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

前尾道市長夫婦殺人事件(ぜんおのみちしちょうふうふさつじんじけん)とは、広島県尾道市で発生した殺人事件である。

犯人特定・逮捕には至らず、1995年2月に、公訴時効を迎え、未解決事件となった[1][2]

事件の概要[編集]

被害者の市長は公人であるため実名であるが、それ以外の人物については仮名とする。

佐藤勲前尾道市長は医師で尾道市議を4期務めた後1975年4月の尾道市長選挙で初当選し、尾道市の当時の累積赤字を昭和53年度までに無くすなどの実績を挙げていた。しかし、2期目を目指していた1979年2月に市立学校の増改築をめぐり、業者に便宜を図った謝礼を受け取ったという収賄容疑で逮捕され、4月投票の市長選出馬を断念していた。

1980年2月9日、当時刑事事件被告人であった佐藤(当時53歳)が妻(当時45歳)とともに尾道市浦崎町[3]の自宅で殺害された。夫婦は二階の寝室で首をかき切られ惨殺されていた。当時同家は次女(当時25歳)が同居していたが、彼女は看護学校へ朝出かけた時には不審な点はなかったという。

犯行現場となった佐藤宅であるが、電話線が切断され自宅内を物色された痕跡があり、計画的犯行の可能性が高かった。また医師で政治家という職歴から怨恨の可能性もあるほか、強盗殺人の可能性もあった。そのため被疑者は多数に及ぶことになった。捜査を担当した広島県警福山西警察署[4]は、捜査本部に夫婦の遺影を掲げ捜査したが、被疑者を特定することが出来ず、1995年2月に刑事訴訟法の公訴時効を迎え迷宮入り事件となった。

脚注[編集]

  1. ^ 川村正治 (2021年2月6日). “浮かび上がる動機 未解決、元尾道市長夫妻殺害事件 41年目の真相<前編>”. 中国新聞. https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=724838&comment_sub_id=0&category_id=1286 2021年2月8日閲覧。 
  2. ^ 川村正治 (2021年2月7日). “なくなった借用書 謎を解く鍵  未解決、元尾道市長夫妻殺害事件 41年目の真相<後編>”. 中国新聞. https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=725015&comment_sub_id=0&category_id=1286 2021年2月8日閲覧。 
  3. ^ 浦崎町は沼隈半島にあり、尾道市中心部に行くには渡し舟で海を渡るか、松永湾岸を陸路迂回する必要のある飛び地である。
  4. ^ 事件発生地は、飛び地であるため、尾道警察署ではなく隣接する福山市にある警察署の管轄だった。

参考文献[編集]

  • 朝日新聞新聞縮刷版1980年2月、1995年2月号。