前田利命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前田 利命(まえだ としのぶ、寛政12年11月11日1800年12月26日) - 文化2年5月21日1805年6月18日))は、加賀藩の第10代藩主治脩の長男。第11代藩主斉広の養嗣子であったが、早世した。

来歴[編集]

寛政12年(1800年)、金沢にて生まれる[1]。幼名は裕次郎。父の治脩が56歳のときに生まれた唯一の子である。母は側室・伊遠(武村氏、智光院)で、母も37歳の高齢であった。享和4年(1804年)正月、治脩の跡を継いで藩主となっていた従兄の斉広の養子となり、紀伊藩徳川治宝の娘・豊姫と婚約した。松平の名字を与えられる[2]。文化2年(1805年)に早世した。享年6。野田山に葬られた。院号は香隆院。

脚注[編集]

  1. ^ 以下、『加賀藩史料』。
  2. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』176-178頁。

参考文献[編集]