前田利鬯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
前田利鬯
Toshika Maeda.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 天保12年6月12日1841年7月29日
死没 大正9年(1920年7月27日
改名 桃之助(幼名)、利鬯
別名 貞用、利益
諡号 竹径
戒名 法徳院寿昌道潤日恭大居士
墓所 東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園
官位 正二位子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田斉泰、母:明鏡院
養父:前田貞事のち前田利行
兄弟 慶寧池田慶栄利義利行利鬯利同
正室:伊東祐相の娘・
継室:前田利保の娘・美子
側室:玉木氏(玉照院、栄)
隆子(稲葉正縄正室)、亀子(前田利彭正室)
養子:利彭
テンプレートを表示

前田 利鬯(まえだ としか)は、加賀大聖寺藩の第14代(最後)の藩主。

生涯[編集]

天保12年(1841年)6月12日、加賀藩主・前田斉泰の七男として生まれる。はじめ加賀藩士・前田貞事の養子となって安政元年(1854年)にその家督を継いでいたが、安政2年(1855年)に大聖寺藩で兄の利義利行が相次いで死去したため、利行の末期養子となって跡を継いだ。

幕末期の動乱の中では、東方芝山を登用して、富国強兵を行なう。また、佐幕派として天狗党の乱禁門の変、御所の警備、東叡山守備などで功績を挙げた。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では幕府軍に与しようとしたが、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗れたことを知ると、やむなく新政府軍に与して北越戦争に出兵した。

明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官された。明治17年(1884年)に子爵となる。大正9年(1920年)7月27日、東京に於いて薨去。享年80。

父、また宝生流家元・宝生友于に学んで能をよくした。素人ながら芝公園能楽堂の舞台にも立ち、また謡250番を諳んじていて、どんな曲でも求められれば即座に歌うことが出来た。晩年は失明同然であったが、それでも舞・謡ともに変わらずに勤めたという[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野々村戒三『能の今昔』(木耳社、1967年)
  2. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  • [1]  虎屋文庫「歴史上の人物と和菓子 前田利鬯(まえだ としか)と辻占昆布(とらやトップページ→とらやホームページ→菓子資料室・虎屋文庫→歴史上の人物と菓子→前田利鬯)


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
大聖寺前田家初代
1884年 - 1920年
次代:
前田利満