前田和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
前田 和彦
(まえだ かずひこ)
生誕 日本の旗
国籍 日本の旗 日本
研究分野 エネルギー変換型不均一系光触媒
研究機関 東京工業大学
出身校 東京理科大学
東京工業大学大学院修士課程
東京大学大学院博士課程
主な業績 半導体光触媒を中核とした人工光合成系の開発
主な受賞歴 #主な受賞参照
プロジェクト:人物伝

前田 和彦(まえだ かずひこ)は、日本の化学者。東京工業大学理学院准教授[1]埼玉県出身[2]

主な略歴[編集]

  • 2003年 東京理科大学理学部応用化学科卒業
  • 2005年 東京工業大学総合理工学研究科物質電子化学専攻修士修了
  • 2007年 東京大学工学系研究科化学システム工学専攻博士後期修了
  • 2006年 東京大学大学院工学系研究科日本学術振興会特別研究員(DC2)( - 2007年)
  • 2007年 東京大学大学院工学系研究科日本学術振興会特別研究員(PD)( - 2008年)
  • 2008年 ペンシルベニア州立大学 Department of Chemistry JSPS Research Fellow (PD)( - 2009年)
  • 2009年 東京大学大学院工学系研究科助教( - 2012年)
  • 2010年 科学技術振興機構さきがけ研究員
  • 2012年 東京工業大学大学院理工学研究科准教授
  • 2013年 d0型電子配置を持つ金属イオンを含む新しい種類の光触媒を開発し、可視光による水の直接分解に成功 [3]
  • 2016年 東京工業大学理学院准教授
  • 2017年 窒化炭素(C3N4)とルテニウム(Ru)複核錯体からなる融合光触媒が、可視光照射下でのCO2のギ酸への変換反応に対して特異的に高い活性を示すことを発見[4]

主な所属学会[編集]

  • 日本化学会
  • 触媒学会
  • 光化学協会など

主な受賞[編集]

  • 2008年 日本化学会BCSJ賞
  • 2010年 第106回触媒討論会若手優秀講演賞(討論会B)
  • 2010年 The Sixth Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology and The Fifth Asia Pacific Congress on Catalysis - TOCAT6/APCAT5, Best Oral Presentation Award
  • 2010年 日本化学会第90回春季年会, 優秀講演賞(学術)
  • 2012年 第110回触媒討論会若手優秀講演賞(討論会A)
  • 2012年 第109回触媒討論会優秀ポスター発表賞
  • 2012年 日本化学会第92回春季年会, 優秀講演賞(学術)
  • 2012年 The 6th PCCP Prize
  • 2013年 第63回日本化学会進歩賞
  • 2014年 Chemical Conversion of Light Energy Prize 2014
  • 2014年 平成25年度 手島精一記念研究論文賞
  • 2015年 平成27年度 東工大挑戦的研究賞・学長特別賞
  • 2015年 Lee Hsun Young Scientist Lecture Series Award on Materials Science
  • 2016年 第13回日本学術振興会賞[2]
  • 2016年 第11回凝縮系科学賞
  • 2016年 文部科学大臣表彰若手科学者賞
  • 2016年 平成27年度 東京工業大学理学部若手教員教育賞

脚注[編集]