前田敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まえだ としこ
前田 敏子
プロフィール
本名 松浦 敏子(まつうら としこ)[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1932-10-05) 1932年10月5日(88歳)
血液型 AB型[3]
職業 声優
事務所 81プロデュース[2]
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 156[4] cm / 50 kg
活動
活動期間 1950年代 -
声優:テンプレート | プロジェクト |

前田 敏子(まえだ としこ、1932年[6]10月5日[2][7][8] - )は、日本女性声優81プロデュース所属[2]東京都出身[2]

来歴[編集]

玉川学園高等部[6]多摩芸術学園卒業[5]

かつてはTBS放送劇団[9]、土の会[10]、グループだいこん[6]、セブンセンター[11]、高橋事務所[12]江崎プロダクション[9]同人舎プロダクション[3]オフィス薫[1]九プロダクションぷろだくしょん★A組に所属していた。

人物[編集]

声種メゾソプラノ[13]

吹き替えの草創期から活動している。1950年代から1960年代にかけて、劇場公開の外国映画は字幕がほとんどであり、日本語吹替版はめったに作られなかったが、『謎の大陸アトランティス』(1961)など、数少ない日本語版公開作品でヒロインの台詞を吹き替えている。また、日本初の70mm大作『釈迦』(1961)では、ヒロインのヤショダラ姫を演じたフィリピン女優、チェリト・ソリスの台詞を吹き替えている。

趣味・特技はヨガドライブ[3]義太夫[2]

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

1965年
1969年
1970年
1972年
1973年
1974年
1977年
1978年
1980年
1981年
1983年
1986年
1989年
  • 昆虫物語 みなしごハッチ(1989年版)(1989年 - 1990年、ナレーション)
1990年
1995年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2013年
  • サザエさん(2013年 - 2014年、母親、中元、美里の母、老婆、客)
2014年
2018年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

吹き替え[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

人形劇[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、522頁。ISBN 4-87376-160-3。
  2. ^ a b c d e f 前田敏子 - 81プロデュースの公式サイト
  3. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、144頁。
  4. ^ 前田敏子”. タレントデータバンク. 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ a b 『日本タレント名鑑(1986年版)』VIPタイムズ社、1986年、428頁。
  6. ^ a b c 『日本放送年鑑'71』岩崎放送出版社、1971年、791頁。
  7. ^ “前田敏子”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE867888800b0325d1b6a2892babf7b26dcff88344/ 2021年4月2日閲覧。 
  8. ^ 『出演者名簿(1994年版)』著作権情報センター、1993年、544頁。
  9. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、102頁。
  10. ^ 『出演者名簿(1966年版)』著作権資料協会、1965年、331頁。
  11. ^ 『出演者名簿(1975年版)』著作権資料協会、1974年、392頁。
  12. ^ 『出演者名簿(1979年版)』著作権資料協会、1978年、367頁。
  13. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、235頁。ISBN 978-4-09-526302-1。
  14. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2021年9月9日閲覧。
  15. ^ 「第1章 聖戦士たち --キャラクター&メカニック-- Character File」『聖戦士ダンバイン大全』BAD TASTE、双葉社、2004年3月5日、64頁。ISBN 4-575-29653-8。
  16. ^ 宝島”. トムス・エンタテインメント. 2021年9月9日閲覧。