前田直会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前田 直会(まえだ なおより、弘化4年8月24日1847年10月3日) - 安政3年2月13日1856年3月19日))は、江戸時代後期の加賀八家筆頭前田土佐守家の第9代当主で、第8代当主前田直良の養子。実父は加賀藩13代藩主前田斉泰。母の名は不明。通称は静之介。旧字体表記は直會

わずか1歳にして直良の養子となり、養父よりさらに幼い5歳にして家督を継承する。1856年、10歳で夭折した。