前田直正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前田 直正(まえだ なおまさ、慶長10年(1605年) - 寛永8年閏10月17日1631年12月10日))は、加賀藩人持組頭。加賀八家前田対馬家第3代当主。

父は前田直知。母は牧村氏(祖心尼)。正室は安見元勝の娘。子は前田孝貞通称左兵衛、対馬。

生涯[編集]

慶長10年(1605年)、直知の子として生まれる。父が病で隠居すると、6500石の知行を相続。弟直成が母の再嫁先の町野家の養子となったため、その知行1500石も得る。寛永7年(1630年)に父直知、寛永8年(1631年)に祖父長種が死去し、家督を相続する。弟恒知に3000石分知し、叔母婿の長政に1000石を分知、知行1万7000石となる。人持組頭となり、長種、直知と同じく小松城代を務めた。寛永8年(1631年)閏10月17日江戸で急死。戒名 清養院殿無機源心大居士。家督は嫡男孝貞が相続した。

人物・逸話[編集]

  • 藩主前田利常は、兄利政の娘を養女として直正に嫁がせようとしたが、過分に過ぎると辞退している。

参考文献[編集]

  • 『加賀藩史稿』