前田長徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
前田長徳
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化7年6月9日1810年7月10日
死没 慶応元年10月29日1865年12月16日
別名 貞之丞、主馬(通称)
戒名 賢德院拾遺補闕普観圓休大居士
墓所 東京都新宿区富久町の自證院
官位 従五位下、侍従上総
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
氏族 諏訪氏前田家
父母 父:諏訪忠粛、養父:前田長義
兄弟 諏訪忠恕森川俊一長徳松平忠恵継室、諏訪頼安室、平野貞任室
正室:(前田長義の養女、松平康保の長女)
養子:長禮加藤明邦の娘、前田長禮室)
テンプレートを表示

前田 長徳(まえだ ながのり)は、江戸時代高家旗本。高家前田家の第7代当主。

文化7年(1810年)、信濃高島藩諏訪因幡守忠粛の三男に生まれる。天保5年(1834年)3月4日、高家旗本前田出雲守長義の婿養子となる。天保9年(1838年)5月15日、将軍徳川家斉御目見し、表高家となる。天保13年(1842年)12月6日、養父の隠居により家督を相続した。安政3年(1856年)11月15日、従五位下侍従・上総介に叙任し高家役となる。慶応元年(1865年)10月29日死去、享年56。

参考文献[編集]

  • 「前田家先祖書」
  • 「前田家系譜」
  • 寛政重修諸家譜
  • 「諏訪家譜」(『諏訪史料叢書』第27巻)