前田長粲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前田 長粲(まえだ ながあきら、? - 天保2年12月18日1832年1月20日))は、江戸時代高家旗本出羽亀田藩岩城隆恕の次男。前田長英の養子。通称は百之助。旧姓は菊田。官位は従四位下侍従・信濃守。

前田家に養子入りする前は、岩城家庶子のため岩城姓ではなく菊田姓を称していた。文化10年(1813年)7月26日、養父長英の隠居により家督を相続する。表高家衆に列する。文化11年(1814年)11月14日、高家職に就き、従五位下侍従・信濃守に叙任した。文政11年(1828年)6月5日、従四位下に昇進する。天保2年(1831年)12月18日死去、39歳。

先代:
前田長英
高家前田家(高辻家流)
第5代当主
1813年 - 1831年
次代:
前田長年