前田顕蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前田顕蔵
Kenzo Maeda
Kenzo Maeda Akita.jpg
秋田ノーザンハピネッツ HC
役職 ヘッドコーチ
--
--
基本情報
本名 前田顕蔵
愛称 まえけん
ラテン文字 Kenzo Maeda
誕生日 (1982-06-27) 1982年6月27日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府
ドラフト  
大商学園高等学校
ネブラスカ州立大学カーニー校
指導者経歴
2008-2011
2011-2015
2015-2019
2019-
高松ファイブアローズ (asst.)
高松ファイブアローズ
秋田ノーザンハピネッツ(asst.)
秋田ノーザンハピネッツ

前田 顕蔵(まえだ けんぞう、1982年6月27日 - )は、大阪府出身のプロバスケットボール指導者。Bリーグ・B1に所属する秋田ノーザンハピネッツヘッドコーチを務めている。

来歴[編集]

小学校4年生の時にバスケットボールを始める。

大商学園高等学校卒業後に渡米し、ネブラスカ州立大学カーニー校に進学。

その後、ヒューマンアカデミーアシスタントコーチを経て、2008年、bjリーグ高松ファイブアローズのアシスタントコーチ兼通訳に就任[1]。同時に同チームのバスケットボールスクールコーチを務める。

2011年7月、金澤篤志前ヘッドコーチ退任後のヘッドコーチに就任。就任1年目の2011-12シーズンは開幕前から主力選手の故障離脱に苦しみ、シーズン2勝で最下位に沈んだ。2年目の2012-13シーズンは最下位を脱出し、勝利数も前シーズンの10倍の20勝をあげた。2013-14シーズンのbjリーグオールスターゲームではチームウエストのコーチを務めた。4年目の2014-15シーズンに高松を6シーズンぶりのプレイオフ出場に導いた後、同シーズン限りで退任。

2015年8月、秋田ノーザンハピネッツのアシスタントコーチに就任[2]。高松退団後初めて古巣・高松と対戦した12月12日の試合では、長谷川誠ヘッドコーチが出場停止で指揮を執れなかったため、ヘッドコーチ代行として指揮を執り、82-64で勝利した。

コーチングで目標・参考としている人物はネブラスカ大学カーニー校時代の監督とNBAシカゴ・ブルズHCのトム・ティボデュー[3]


2018年9月、FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選、Window4に向けた男子日本代表チームのサポートコーチ兼通訳として帯同した[4]

2019年6月、アシスタントコーチから昇格する形で秋田ノーザンハピネッツのヘッドコーチに就任。[5]

脚注[編集]

  1. ^ 前田顕蔵ヘッドコーチ契約基本合意のお知らせ”. 高松ファイブアローズ (2013年5月24日). 2015年9月19日閲覧。
  2. ^ チームスタッフ契約基本合意のお知らせ”. 秋田ノーザンハピネッツ (2015年8月6日). 2015年9月19日閲覧。
  3. ^ BASKET+インタビュー
  4. ^ https://twitter.com/AKITA_NH/status/1036925488856326144
  5. ^ 【前田顕蔵ヘッドコーチ】契約合意のお知らせ” (日本語). 秋田ノーザンハピネッツ. 2019年7月4日閲覧。