前貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前 貴之 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マエ タカユキ
ラテン文字 MAE Takayuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-09-16) 1993年9月16日(25歳)
出身地 北海道札幌市
身長 172cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 レノファ山口FC
ポジション DF
背番号 6
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011- コンサドーレ札幌 40 (1)
2014 カターレ富山 (loan) 14 (3)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 1 (0)
2017 レノファ山口FC (loan) 24 (2)
2018- レノファ山口FC 40 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

前 貴之(まえ たかゆき、1993年9月16日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー

サッカー選手の前寛之は弟。

来歴[編集]

コンサドーレ札幌U-18時代はサイドバックボランチ攻撃的ミッドフィルダーと様々なポジションに対応し、セットプレーのキッカーも務めていた。高校3年生時にプレミアリーグイーストでチームの初優勝に貢献する。

2011年2種登録され背番号31を与えられた。9月24日J2第29節徳島戦で後半42分に上原慎也に代わり途中出場しリーグ戦初出場を果たした。その後の10月8日天皇杯2回戦水戸戦には先発出場。11月13日荒野拓馬小山内貴哉榊翔太奈良竜樹と共に2012年以降のトップチームへの昇格が発表された[1]。小山内貴哉と共に初のコンサドーレジュニアサッカースクール出身の選手となる。

2012年は監督の石崎信弘の信頼を得て、岩沼俊介日高拓磨らと左右サイドバックのポジションを争いながらシーズンを通して公式戦21試合に出場した。

2013年、前年の活躍を評価されプロ2年目ながら背番号6を与えられた。

2014年8月、カターレ富山期限付き移籍[2]。当時J1新潟仙台も興味を示していたが、出場機会を重視して富山を選んだと報じられた[3]

2017年は、レノファ山口FCへ期限付き移籍[4]。キャリアハイとなる24試合出場を果たし、同年12月15日に山口への完全移籍が発表された[5]

人物[編集]

北海道コンサドーレ札幌に所属する前寛之は実弟。クラブ史上初の兄弟選手となった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • コンサドーレジュニアサッカースクール
  • コンサドーレ札幌ユースU-12
  • コンサドーレ札幌ユースU-15
  • コンサドーレ札幌ユースU-18(北海道北広島西高
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 札幌 31 J2 1 0 - 1 0 2 0
2012 J1 15 0 6 0 0 0 21 0
2013 6 J2 2 0 - 1 0 3 0
2014 3 0 - 1 0 4 0
富山 39 14 3 - 0 0 14 3
2015 札幌 6 J2 17 1 - 1 0 18 1
2016 2 0 - 0 0 2 0
2017 山口 24 2 - 1 0 25 2
2018 40 2 - 1 0 41 2
2019 -
通算 日本 J1 15 0 6 0 0 0 21 0
日本 J2 103 8 - 6 0 109 8
総通算 118 8 6 0 6 0 130 8

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 0 0 0 0
2015 1 0 1 0
通算 日本 J3 1 0 1 0
総通算 1 0 1 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

コンサドーレ札幌U-18

代表歴[編集]

  • 2014年 U-21日本代表候補

脚注[編集]

関連項目[編集]