剛毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

剛毅(ごうき、gangyi1837年 - 1900年)は、末の官僚。字は子良満州鑲藍旗人

刑部の筆帖式(bithesi、満州語と中国語の翻訳官)出身。光緒11年(1885年)に山西巡撫となり、オルドス地方屯田を実施した。光緒14年(1888年)に江蘇巡撫に異動、江蘇南部は洪水の被害を度々受けていたが、治水事業に尽力した。

光緒20年(1894年)、日清戦争が発生すると主戦論を唱えたため、西太后の評価を得て、軍機大臣兼礼部侍郎となった。光緒24年(1898年)、戊戌の変法に反対して光緒帝を廃位することを主張したため、またも西太后に評価され兵部尚書兼協弁大学士に昇進した。翌25年(1899年)、南方各省に税務の監督に赴いたが、過酷な収奪を行い、世論を騒然とさせた。

光緒26年(1900年)、義和団の乱が発生し、義和団北京に入ると、剛毅や端郡王載漪は極端な排外心理から、義和団の「仙術」を利用するよう主張した。剛毅は趙舒翹と共に良郷涿州を視察し、「その術用いるべし」と報告した。こうして荘親王載勛と共に統率義和団大臣に任命され、義和団を率いて8ヶ国連合軍と戦った。しかし8月に北京が連合軍に占領されると、西太后の西安への逃走に随行、その途中に山西省で病死。

後に列強は剛毅を戦犯に指名し、清朝に厳罰を要求した。既に死亡しているため深く追及されなかったが、官職は全て剥奪された。

先代:
奎斌(クイビン)
山西巡撫
1885年 - 1888年
次代:
衛栄光
先代:
崧駿(スンジュン)
江蘇巡撫
1888年 - 1892年
次代:
奎俊(クイジュン)
先代:
劉瑞芬
広東巡撫
1882年 - 1894年
次代:
馬丕瑤
先代:
フワイタブ(懐塔布)
工部満尚書
1896年 - 1897年
次代:
松溎(スングイ)
先代:
松溎(スングイ)
刑部満尚書
1897年 - 1898年
次代:
崇礼(チュンリ)
先代:
栄禄(ジュンル)
兵部満尚書
1898年 - 1900年
次代:
敬信(ギンシン)
先代:
熙敬(ヒギン)
吏部満尚書
1900年
次代:
敬信(ギンシン)