副島種典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

副島 種典(そえじま たねのり、1912年12月7日 - 1989年7月23日)は、日本の経済学者愛知大学名誉教授

東京生まれ。副島種臣の孫。1937年東北帝国大学法文学部経済科卒。戦後、愛知大学助教授教授。83年定年退任、名誉教授。マルクス経済学を専攻、日本中国友好協会会長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『社会主義経済学』(東洋経済新報社、1958年)
  • 『社会主義経済学の研究:「経済学教科書」批判』(青木書店、1961年)
  • 『教養経済学』(青木書店、1962年)
  • 『マルクス経済学原理』(東洋経済新報社、1966年)
  • 『社会主義経済の諸問題』(青木書店、1967年)
  • 『社会主義・共産主義の社会』(日本青年出版社、1969年)
  • 『社会主義と経済学理論』(青木書店、1972年)
  • 『社会主義経済の基礎理論』(東洋経済新報社、1974年)
  • 『社会主義建設の理論と実際』(青木書店、1974年)
  • 『社会主義の理想・現実・未来』(大月書店、1985年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ソヴェト経済の歴史と理論』(日本評論新社、1963年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ローゼンベルグ『初期マルクス経済学説の形成』(大月書店、1957年)
  • ペ・イ・ニキーチン『経済学入門教科書』(池田頴昭・大崎平八郎共訳、青木新書、1960年)
  • レーニン『帝国主義論』(大月書店、1961年)
  • デ・イ・ローゼンベルグ著、エス・エリ・ヴィゴドスキー編『資本論注解(全5巻)』(宇高基輔共訳、青木書店、1962-64年)
  • デ・イ・ローゼンベルグ『初期マルクス経済学説の形成』(大月書店、1971年)
  • レーニン『いわゆる市場問題について:他3篇』(大月書店、1971年)
  • ヴィノグラードフ[要曖昧さ回避]『労働者統制の理論と歴史』(監訳、大月書店、1974年)
  • レーニン『労働者統制・国有化論』(編訳、大月書店、1975年)
  • ヴェ・イ・レーニン『ロシアにおける資本主義の発展』(監訳、大月書店、1976年)
  • チェルヌィシェフスキー『「J・S・ミル経済学原理」への評解』(岩波書店、1979年)
  • アンドレイ・アニーキン『黄色い悪魔:金と資本主義』(横倉弘行共訳、大月書店、1980年)

追悼集[編集]

  • 副島種典追悼集刊行委員会編『和して同ぜず:一人の社会主義経済学者の人と人生:遺稿・追悼集副島種典先生を偲んで』(光陽出版社、1991年)


参考[編集]

  • 『社会主義経済の基礎理論』著者紹介