副立行司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

副立行司(ふくたてぎょうじ)とは、行司の階級で立行司三役格行司の間に設けられていた階級である。創設は戦後の1951年 (昭和26年) 初場所後で、廃止は1959年 (昭和34年) 九州場所後であった。

概説[編集]

式守伊之助と同様に菊綴・房は紫白で[1]、短刀・印籠・足袋・草履を着用する。待遇面では、給与等は立行司に準ずる取り扱いで、番付も立行司と同列に書かれていたが、(1955年 (昭和30年) 初場所の番付を見る限りでは) その字の大きさは立行司よりもやや小さい。また、本場所取組は2番裁いていた (当時の庄之助・伊之助は1番のみ) 。 副立行司経験者は以下の通りである。

脚注[編集]

  1. ^ この紫白は現在の式守伊之助が用いるものと同様である。1927年から1959年までの伊之助の菊綴・房は、現在のものより白部分が少ない紫白であった。