剱木亨弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
剱木 亨弘
けんのき としひろ
生年月日 (1901-09-03) 1901年9月3日
出生地 日本の旗 福岡県田川郡大任村
没年月日 (1992-11-29) 1992年11月29日(91歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 文部官僚
称号 勲一等旭日大綬章1977年

日本の旗 第88-89代 文部大臣
内閣 第1次佐藤第3次改造内閣
第2次佐藤内閣
在任期間 1966年12月3日 - 1967年11月25日
テンプレートを表示

劔木 亨弘(けんのき としひろ、1901年9月3日 - 1992年11月29日)は、日本政治家文部官僚参議院議員文部大臣1977年勲一等旭日大綬章受章。

来歴・人物[編集]

福岡県田川郡大任村(現・大任町)に、開業医・劔木元享の長男として生まれる。豊津中学第五高等学校を経て、1927年東京帝国大学法学部を卒業。2年後の1929年文部省に入省する。香川県学務課長、本省教学局思想課長、専門教育局大学教育課長などを務め、戦後の1947年学校教育局次長となり、6・3・3・4制導入に伴う法整備や予算確保に尽力する。その後大学学術局長、文部事務次官を経て、1951年周囲の推しにより福岡県知事選に出馬するも落選、首相吉田茂のはからいにより、内閣官房副長官に就任する。

官房副長官時代の「功績」として、戸籍届出における漢字制限の存続がある。戦後国語改革の一環として、新生児の戸籍届出において当用漢字以外は受け付けないことになったが、「命名権は基本的人権であり、漢字制限は憲法違反である」として、制限を事実上撤廃する「戸籍法の一部改法案」が可決されようとしていた。1951年6月5日衆議院本会議の開会直前、剱木は自由党国会対策委員長小沢佐重喜に直談判し、「私の下の名前(亨弘)が読めますか?…生まれてから今日まで、誰からも一度も正確に読んでもらったことはありません。親は自分の子供だからといって、人から読まれない名前を勝手に付けてよいのでしょうか」と訴えた。説得は功を奏し、結局法案採決は取り止めとなったという[1]。奇しくも訴えられた小沢にも「おざわさえきと読めない」ことに関するエピソードが存在する。

1952年岡野清豪文相の下で再び文部事務次官に就任。翌1953年第3回参議院議員通常選挙福岡選挙区から自由党公認で立候補し当選。以後連続4回当選。

保守合同後は緒方派 - 石井派 - 河野派に所属する。1966年第1次佐藤内閣第3次改造内閣にて文部大臣として入閣。1977年政界を引退後は福岡県立美術館長、共立女子大学学長などを歴任。

1992年11月29日、呼吸不全のため死亡。享年92(91歳没)。

著書[編集]

  • 『牛の歩み 教育にわが道を求めて』小学館 1973
  • 『戦後文教風雲録 続・牛の歩み』小学館 1977
  • 『牛歩八十五年 剱木亨弘聞書』田中正隆 教育問題研究会 1986

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 剱木亨弘:戦後文教風雲録、小学館、1977年11月、p.142.


公職
先代:
日高第四郎
伊藤日出登
文部事務次官
第39代:1952年 - 1953年
第37代:1950年 - 1951年
次代:
西崎惠
日高第四郎