割田剛雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

割田 剛雄(わりた たけお、1944年 - )は、栃木県出身の日本仏教研究者。書籍編集者。東京ライフデザインアカデミー主任講師。

経歴[編集]

1944年、栃木県に生まれる。 1967年、東洋大学文学部仏教学科卒業。 1972年、東洋大学大学院文学研究科仏教学専攻博士課程満期退学。

1973年 国書刊行会に入社。編集長に就任したのち専務取締役を歴任。1992年、国書刊行会を退職し、有限会社国書サービスを設立し、代表取締役に就任した。

国書刊行会時代から、以下のような出版文化関連の表彰を受けた書籍の編集を担当している(太字は国書刊行会発行書籍)。

2004年 東京ライフデザインアカデミー主任講師に就任。「日本の伝統文化」「日本人の信心=神さま、仏さま、ご先祖さま」「暮らしになじむ日本仏教」などをテーマに講義をおこなっている。

著書[編集]

  • 『般若心経』(パイインターナショナル、2011年)
  • 『仏道のことば』(パイインターナショナル、2012年)
  • 『仏教ことわざ辞典』(パイインターナショナル、2012年)
  • 『はじめての法華経』(パイインターナショナル、2013年)

共編著[編集]

  • 『沢庵和尚 心にしみる88話』(牛込覚心との共編著、国書刊行会、2008年)
  • 『皇后美智子さまの御歌』(小林隆との共編著、パイインターナショナル、2015年)
  • 『天皇皇后両陛下 慰霊と祈りの御製と御歌』(小林隆との共編著、海竜社、2015年)