創世中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
創世中等教育学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人平方学園
設立年月日 2000年
閉校年月日 2011年(休校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
中等教育学校コード 10515F
所在地 371-0034
群馬県前橋市昭和町三丁目7番27号
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

創世中等教育学校(そうせいちゅうとうきょういくがっこう)は、かつて群馬県前橋市昭和町三丁目にあった私立中等教育学校

概要[編集]

群馬県で最初の、また日本でも最初の私立中等教育学校として2000年(平成12年)に開校し、前期課程と後期課程とでそれぞれ生徒を募集していたが、2008年度現在で全体定員の2割程度の197名しか在籍していなかったように、設立当初から大幅な定員割れによる赤字経営が続いたことを受け、2008年7月18日、生徒募集停止を発表した。それ以前の2007年10月頃よりも、設置者の平方学園は日本私立学校振興・共済事業団から学校を早期に閉鎖するよう指導を受けていた[1]。平方学園は、卒業年次以外の生徒をも系列の明和県央高等学校や外部の学校に転籍させる方針を採り、在籍者がいなくなった2011年4月より、創世中等教育学校は休校となった。同年12月20日には、第228回群馬県私立学校審議会において学校の廃止を認可するよう群馬県知事大澤正明に答申がなされた[2][3]

アクセス[編集]

入学受験について[編集]

  • 推薦試験:面接作文(与えられたテーマについて500~600字程度を書く試験)
  • 一般試験:主要3教科(国・数・英)を各50分で実施。及び、面接試験

学校行事[編集]

関連項目[編集]

関連文書[編集]

  • 平方昇一執筆「私学として開校に思うこと-創世中等教育学校」(月刊高校教育編集部編『中高一貫教育推進の手引』(学事出版、2000年7月21日発行)の「4 中高一貫教育校事例等」のpp.101-107に所蔵)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞』(群馬全県)2008年7月19日朝刊、31面「中高一貫の創世中等教育学校 来年度から募集停止」より。
  2. ^ 『朝日新聞』(群馬全県)2011年12月22日朝刊、28面「中創世中等教育学校の廃止を知事に答申 県私立学校審議会」より。
  3. ^ 群馬県 - 審議会結果概要2012年6月3日閲覧。