劇団4ドル50セント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

劇団4ドル50セント(げきだんよんドルごじゅっセント)は、日本劇団[1]。2017年に秋元康エイベックス松浦勝人の共同プロデュースで設立[2]

概要[編集]

劇団40ドル50セントという劇団名は[注 1]、トータルプロデュースを務める秋元康がファンであるジャニス・ジョプリンが、死亡した際に手に握っていた小銭の合計金額からとられた[2]。劇団の立ち上げにあたってオーディションが行われ、約5000人から31人が選ばれた[3]。この時、選ばれた劇団員の9割は演技の経験が全くなかった[3]。劇団と銘打たれているが、演劇のみを行うのではなく、モデル、バラエティ番組への参加や音楽など様々な活動を行う[3]

公演のキャストにファンによる投票が反映される劇団であることを特徴とし、2018年2月に行われた旗揚げ本公演『新しき国』では、主なキャストはYouTubeによるファン投票と審査員投票をもとに決定された[3]。第2回公演の『ピエロになりたい』のキャストについても同様、Youtubeの再生回数などによるファン投票と審査員投票をもとに決定された[4]。週末定期公演『夜明けのスプリット』では劇団員が3組に分けられ、同一の脚本を異なる3組がそれぞれ演じた[5]。また、公演ごとに投票が実施され、上位の劇団員によるシャッフル公演が行われる仕掛けになっていた[5]。一方、AKB的な握手権などのアイドル流用の武器が使えず[6]、公演数の少なさも含め、従来型の小劇団の形を抜け出せていないこともあり、退団者が相次いでいる[7][8]

略歴[編集]

  • 2016年9月28日、秋元康が新たにプロデュースする新劇団としてメンバー募集を開始。
  • 2017年8月23日、草月ホールで新劇団「劇団4ドル50セント」旗揚げ記者発表会を開催し、劇団員31名をお披露目。記者発表会では、初の演技とオリジナル楽曲「少年よ空を見ろ!」「愛があったら」の2曲を披露。また、プレ公演となる青山スパイラルホールでの秋元康原案・丸尾丸一郎脚本による舞台「18クラブ」(11月3日 - 11月5日)公演の開催を発表[9]
  • 2017年8月28日、SHOWROOMで「劇団4ドル50セント旗揚げ記念特番」を配信[10]
  • 2017年9月16日、幕張メッセで開幕したファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」のオープニングアクトにおいて「少年よ空を見ろ!」「愛があったら」の2曲を一般に初披露[11][12]
  • 2017年10月30日、PlayStation4用ソフトウェア『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の広告キャラクター決定を発表[13]
  • 2017年12月28日 - 2018年1月5日、旗揚げ公演のメインキャストを決める「メインキャスト決定オーディション」を開催。
  • 2018年1月7日、SHOWROOMで旗揚げ公演のメインキャストを発表。
  • 2018年2月19日 - 2月23日、LINE LIVEで「劇団4ドル50セント“ブロードウェイ争奪企画”ラインライブ」を開催。
  • 2018年5月28日 - 6月3日、渋谷駅田園都市線連絡通路で「劇団4ドル50セント×SHOWROOM」の広告看板掲載。福島、國森、仲、田代、吉原、樹、尾崎、奈波がモデルとして出演。
  • 2018年8月24日、時間取引所「タイムバンク」に掲載開始。劇団4ドル50セントの時間販売を開始。
  • 2018年8月27日、渋谷スクランブル交差点のグリコビジョンで週末定期公演Vol.2 「夜明けのスプリット」の告知映像放送開始。
  • 2018年9月7日、劇団4ドル50セントメールマガジン登録受付を開始。
  • 2018年9月29日 - 2018年10月5日、第2回本公演「ピエロになりたい」のメインキャストを決める「メインキャスト決定オーディション」を開催。
  • 2018年10月6日、YouTubeライブと各劇団員のSHOWROOMで第2回本公演「ピエロになりたい」のメインキャストを発表。
  • 2018年10月6日、劇団4ドル50セントメモバイルタニマチ制度の導入を発表。
  • 2018年11月20日、映像配信サービスdTVで旗揚げ本公演「新しき国」を配信開始。
  • 2018年12月28日、映像配信サービスdTVで第2回本公演「ピエロになりたい」を配信開始。
  • 2019年8月8日、劇団4ドル50セント定期イベントの開催を開始。
  • 2019年12月9日、劇団4ドル50セントとして初となる劇団「柿喰う客」とのコラボ公演の開催を発表[14][15]
  • 2020年7月29日、 劇団員の青木瞭がテレビ朝日系「仮面ライダーセイバー」に富加宮賢人・仮面ライダーエスパーダ役でレギュラー出演することを発表。

劇団員[編集]

現劇団員[編集]

名前 よみ 生年月日 出身地 身長 備考
うえきやサトシ うえきや さとし 1990/06/21_ (1990-06-21) 1990年6月21日(30歳) 東京都 180cm
久道成光 ひさみち なりみつ 1993/02/12_ (1993-02-12) 1993年2月12日(27歳) 埼玉県 174cm 脚本から音楽を作る「MusicFilm」「東京Cinemas」でも活動
尾崎尉二 おざき じょうじ 1993/12/29_ (1993-12-29) 1993年12月29日(26歳) 愛媛県 171cm
立野沙紀 たての さき 1994/11/13_ (1994-11-13) 1994年11月13日(25歳) 東京都 154cm ヤンヤンガールズ12期生
田代明 たしろ あかり 1995/09/09_ (1995-09-09) 1995年9月9日(24歳) 北海道 154.5cm
青木瞭 あおき りょう 1996/02/26_ (1996-02-26) 1996年2月26日(24歳) 神奈川県 187cm
隅田杏花 すみだ きょうか 1996/08/05_ (1996-08-05) 1996年8月5日(24歳) 神奈川県 158cm 堀口とのお笑いユニット「心臓丸」でも活動[16]
岡田帆乃佳 おかだ ほのか 1996/09/01_ (1996-09-01) 1996年9月1日(24歳) 愛媛県 162cm リーダー
長谷川晴奈 はせがわ はるな 1997/07/01_ (1997-07-01) 1997年7月1日(23歳) 茨城県 148cm AKB48第13期研究生
堀口紗奈 ほりぐち さな 1998/03/31_ (1998-03-31) 1998年3月31日(22歳) 大阪府 158cm 隅田とのお笑いユニット「心臓丸」でも活動[16]
本西彩希帆 もとにし さきほ 1998/05/27_ (1998-05-27) 1998年5月27日(22歳) 千葉県 158cm
前田悠雅 まえだ ゆうが 1998/10/19_ (1998-10-19) 1998年10月19日(21歳) 千葉県 160cm
福島雪菜 ふくしま ゆきな 1998/11/11_ (1998-11-11) 1998年11月11日(21歳) 大阪府 156cm
國森桜 くにもり さくら 1999/04/02_ (1999-04-02) 1999年4月2日(21歳) 広島県 155.8cm
菅原麻由佳 すがわら まゆか 1999/05/24_ (1999-05-24) 1999年5月24日(21歳) 京都府 158cm
安倍乙 あべ おと 2000/01/18_ (2000-01-18) 2000年1月18日(20歳) 大阪府 156cm ヤンヤンガールズ11期生
八鍬乃々 やくわ のの 2000/12/20_ (2000-12-20) 2000年12月20日(19歳) 北海道 163cm 乃々(のの)(2019年5月24日 - 6月28日、LINE LIVE)で発表
湯川玲菜 ゆかわ れいな 2001/01/29_ (2001-01-29) 2001年1月29日(19歳) 鹿児島県 158.6cm
中村碧十 なかむら みんと 2001/02/25_ (2001-02-25) 2001年2月25日(19歳) 愛知県 168cm
仲美海 なか みうみ 2001/09/06_ (2001-09-06) 2001年9月6日(19歳) 福岡県 155.5cm

元劇団員[編集]

名前 よみ 生年月日 退団日 備考
結城麻后 ゆうき あさみ 1995/07/06_ (1995-07-06) 1995年7月6日(25歳) 2017年08/23_8月23日
小川恭平 おがわ きょうへい 1995/09/25_ (1995-09-25) 1995年9月25日(24歳) 2018年05/20_5月20日
安田啓佑 やすだ けいすけ 1997/04/26_ (1997-04-26) 1997年4月26日(23歳) 2018年05/20_5月20日
奈波慎剛 ななみ しんご 1994/07/08_ (1994-07-08) 1994年7月8日(26歳) 2019年05/31_5月31日
蕪祐典 かぶら ゆうすけ 1995/10/05_ (1995-10-05) 1995年10月5日(24歳) 2019年05/31_5月31日
吉原奈緒花 よしはら なおか 1998/03/06_ (1998-03-06) 1998年3月6日(22歳) 2019年05/31_5月31日
横山玲菜 よこやま れいな 1999/11/19_ (1999-11-19) 1999年11月19日(20歳) 2019年05/31_5月31日
山本将司 やまもと まさし 1994/12/21_ (1994-12-21) 1994年12月21日(25歳) 2019年06/30_6月30日
糸原美波 いとはら みなみ 1996/08/04_ (1996-08-04) 1996年8月4日(24歳) 2019年06/30_6月30日
樹亜美 たつき あみ 1998/08/11_ (1998-08-11) 1998年8月11日(22歳) 2020年06/30_5月30日
谷口愛祐美 たにぐち あゆみ 1998/01/17_ (1998-01-17) 1998年1月17日(22歳) 2020年06/30_8月26日



主催公演[編集]

タイトル 開催年月日 上演地 公演数 備考
劇団4ドル50セント プレ公演
『The Making of $4.50「夢を見たけりゃ、目を開けろ。」』
2017年11月3日 - 5日 南青山 スパイラルホール 全3公演 脚本・演出:丸尾丸一郎劇団鹿殺し
劇団4ドル50セント 旗揚げ本公演
『新しき国』
2018年2月8日 - 12日 新宿 紀伊國屋ホール 全6公演 脚本・演出:丸尾丸一郎劇団鹿殺し
劇団4ドル50セント 週末定期公演 Vol.1
『夜明けのスプリット』
2018年6月30日 - 8月3日 新宿 KeyStudio 全20公演
・甲組公演 5公演
・乙組公演 5公演
・丙組公演 5公演
・シャッフル公演 5公演
脚本・演出:丸尾丸一郎劇団鹿殺し

7月28日 - 7月29日、8月3日に行われた各組公演とシャッフル公演の各千穐楽のカーテンコールで楽曲披露あり
劇団4ドル50セント 週末定期公演 Vol.2
『夜明けのスプリット』
2018年8月11日 - 9月14日 新宿 KeyStudio 全20公演
・甲組公演 5公演
・乙組公演 5公演
・丙組公演 5公演
・シャッフル公演 3公演
・マッドシャッフル公演 1公演
・ベストナイン公演 1公演
脚本・演出:丸尾丸一郎劇団鹿殺し

9月8日 - 9月9日に行われた各組公演の各千穐楽のカーテンコールで楽曲披露あり
9月14日に行われたベストナイン公演終了後ミニライブあり
劇団4ドル50セント 第2回 本公演
『ピエロになりたい』
2018年11月22日 - 12月2日 有楽町 オルタナティブシアター 全14公演 脚本・演出:丸尾丸一郎劇団鹿殺し
劇団4ドル50セント スマホドラマ
『劇場版 あなたがいなくて僕たちは』
2019年7月3日 - 7月7日 原宿駅前ステージ 全8公演 脚本・演出:山崎彬(悪い芝居)
監修:丸尾丸一郎劇団鹿殺し

公演は「お芝居(本編)」+「ミニライブ」で行われ、7月7日に行われた千穐楽のカーテンコールでは追加での楽曲披露あり
劇団4ドル50セント オムニバス公演
『カラフルボックス』
【3人芝居】
2019年10月29日 - 11月4日 劇場HOPE-ポケットスクエア 全8公演 演出:中屋敷法仁柿喰う客
脚本:原野吉弘
出演:
Aキャスト:前田悠雅安倍乙齋藤明里柿喰う客
Bキャスト:湯川玲菜・國森桜・齋藤明里柿喰う客
劇団4ドル50セント オムニバス公演
『白の待合室』
【5人芝居】
2019年10月30日 - 11月4日 劇場HOPE-ポケットスクエア 全8公演 演出:中屋敷法仁柿喰う客
脚本:原野吉弘
出演:
Aキャスト / Bキャスト:仲美海・樹亜美・谷口愛祐美・八鍬乃々・淺場万矢(柿喰う客
AキャストとBキャストで配役を変えて上演
劇団4ドル50セント×柿喰う客 コラボ公演
『学芸会レーベル』
2020年1月30日 - 2月9日 DDD青山クロスシアター 全8公演 脚本・演出:中屋敷法仁柿喰う客
出演:福島雪菜前田悠雅、岡田帆乃佳、仲美海、田代明(以上5名 劇団4ドル50セント)
牧田哲也、加藤ひろたか、淺場万矢、とよだ恭兵、村松洸希、永田紗茅(以上6名 柿喰う客
小松準弥広川碧平田裕一郎
劇団4ドル50セント×柿喰う客 コラボ公演
『アセリ教育』
2020年1月31日 - 2月9日 DDD青山クロスシアター 全8公演 脚本・演出:中屋敷法仁柿喰う客
出演:福島雪菜前田悠雅、岡田帆乃佳、湯川玲菜、隅田杏花、立野沙紀(以上6名 劇団4ドル50セント)
牧田哲也、加藤ひろたか、齋藤明里、永田紗茅(以上4名 柿喰う客
小松準弥広川碧平田裕一郎
劇団4ドル50セント×Mrs.fictions コラボ公演
『伯爵のおるすばん』
2020年4月15日 - 4月19日
(公演延期)
シアターグリーン
BOX in BOX THEATER
全9公演 脚本・演出:中嶋康太(Mrs.fictions)
劇団4ドル50セント OPENREC.tv公演
『ときめきラビリンス』
2020年6月26日
7月7日
7月9日 - 7月10日
動画コミュニティプラットフォーム「OPENREC.tv」で生配信 全6公演 脚本・演出:中屋敷法仁柿喰う客
出演:福島雪菜(6月26日・7月9日・7月10日 出演)、前田悠雅(7月7日・7月9日・7月10日 出演)
劇団4ドル50セント×劇団ガバメンツ
8月オンライン OPENREC.tv公演
『LAUGH DRAFT』
2020年8月4日
8月17日 - 8月18日
8月24日 - 8月26日
動画コミュニティプラットフォーム「OPENREC.tv」で生配信 全7公演 脚本・演出:早川康介(劇団ガバメンツ
出演:前田悠雅本西彩希帆、谷口愛祐美、田代明、隅田杏花(以上5名 劇団4ドル50セント)
平山佳延、迫英雄
ゲスト出演:8月17日/18日 うえきやサトシ、8月24日/26日 久道成光、8月25日 尾崎尉二(以上3名 劇団4ドル50セント)
8月4日 檀上正博(劇団ガバメンツ
劇団4ドル50セント×劇団時間制作
8月オンライン OPENREC.tv公演
『大人になる、には』
2020年8月5日 - 8月6日
8月19日 - 8月21日
動画コミュニティプラットフォーム「OPENREC.tv」で生配信 全7公演 脚本・演出:谷碧仁(劇団時間制作)
出演:福島雪菜、岡田帆乃佳、立野沙紀、中村碧十(以上4名 劇団4ドル50セント)
兒玉遥、田名瀬偉年(劇団時間制作)、野村龍一天才劇団バカバッカ

主催イベント[編集]

タイトル 開催年月日 会場 備考
新劇団「劇団4ドル50セント」旗揚げ 記者発表会 2017年8月23日 草月ホール
定期イベント Vol.1 2019年8月8日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:うえきやサトシ、尾崎尉二、立野沙紀、田代明、隅田杏花、岡田帆乃佳、長谷川晴奈、本西彩希帆、樹亜美、前田悠雅、國森桜、安倍乙、八鍬乃々、湯川玲菜仲美海
定期イベント Vol.2 2019年8月22日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:前田悠雅福島雪菜湯川玲菜仲美海
定期イベント Vol.3
〜すっぴんイベント〜
2019年9月5日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:岡田帆乃佳、本西彩希帆、樹亜美、安倍乙
定期イベント Vol.4
〜史上初の男祭り〜
2019年9月12日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:うえきやサトシ、久道成光、尾崎尉二、青木瞭、中村碧十
定期イベント Vol.5
〜ジャッキー、映画作ったってよ〜
2019年10月10日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:うえきやサトシ、久道成光、湯川玲菜、中村碧十(司会)
ショートフィルム 『ヒマジンノアソビ』(久道成光 脚本・撮影・編集/うえきやサトシ・久道成光・湯川玲菜 出演)上映
定期イベント Vol.6
〜あわてんぼうハロウィン〜
2019年10月24日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:立野沙紀、長谷川晴奈、菅原麻由佳、國森桜
定期イベント Vol.7
〜オムニバス公演 後夜祭〜
2019年11月7日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:谷口愛祐美、樹亜美、前田悠雅、國森桜、八鍬乃々、湯川玲菜仲美海
定期イベント Vol.8
〜たぶん、泣くよ〜
2019年11月21日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:隅田杏花、堀口紗奈
二人芝居 『地獄の入り口』(隅田杏花・堀口紗奈 出演)上演
定期イベント Vol.9
〜ドルセン歌謡祭2019〜
2019年12月5日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:立野沙紀、田代明、長谷川晴奈、谷口愛祐美、樹亜美、前田悠雅、菅原麻由佳、中村碧十
定期イベント Vol.10
福島雪菜のゆきまつり 〜冬の陣〜
2019年12月19日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:福島雪菜、岡田帆乃佳(スペシャルMC)
定期イベント Vol.11
『ヒマジンノジカン』
2020年1月16日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:うえきやサトシ、久道成光、福島雪菜湯川玲菜、尾崎尉二(司会)
短編映画 『ヒマジンノジカン』(久道成光 脚本・撮影・編集 / うえきやサトシ・久道成光・尾崎尉二・福島雪菜湯川玲菜 出演)上映
定期イベント Vol.12
「安倍乙 20th Birthday Event」
2020年2月13日 ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3
出演:安倍乙、岡田帆乃佳(司会)
定期イベント Vol.13
「私の頭の中の引きダシ」
2020年2月27日
(開催延期)
ユナイテッド・シネマ豊洲
スクリーン3

出演[編集]

テレビ (音楽番組)[編集]

イベント[編集]

生配信ドラマ[編集]

  • あなたがいなくて僕たちは(2019年5月17日 - 、LINE LIVE) - 全6回配信[21]

広告[編集]

書籍[編集]

雑誌掲載[編集]

  • with 2018年2月号 No.453(2017年12月27日、講談社) - 気になるネタぜんぶ流行予測 [NEXT HIT/THEATER] 秋元康さんが手掛ける”役者集団”が席巻!武器はアイドル並みのルックスと”ド根性”!? 粒揃いの劇団が2018年のエンタメシーンにセンセーションを巻き起こす! 2月の旗揚げ公演で本格始動!。
  • BOMB 2018年2月号 No.456(2018年1月9日、学研)- 劇団4ドル50セント -Now the hottest theater company $4.50-。
  • 週刊プレイボーイ no.9 Feb 26th 2018(2018年2月12日、集英社) - 劇団員 全30人 完全名鑑 秋元康プロデュース 劇団4ドル50セント「いくらあれば その夢は買える?」 。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 劇団4ドル50セントの「4」と「50」は全角で表記するのが正式名称。

出典[編集]

  1. ^ 芸能人事典”. ORICON NEWS. oricon ME. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 秋元康氏「劇団4ドル50セント」、劇団名は歌手ジャニスの実話から”. サンケイスポーツ (2017年8月24日). 2018年8月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 尹秀姫 (2018年1月29日). “斬新…! 秋元康プロデュースの新劇団、Youtubeの投票で選ばれた主演は?”. ananweb. マガジンハウス. 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ 劇団4ドル50セント 第2回本公演のメインキャスト決定!”. avex management Web (2018年10月7日). 2018年11月20日閲覧。
  5. ^ a b 「歴史に名前を残したい」劇団4ドル50セント『夜明けのスプリット』開幕”. エンタステージ. ナノ・アソシエーション. 2018年11月20日閲覧。
  6. ^ 秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」というビジネスモデルは、乃木坂46とAKB48を越えられるか?” (日本語). ハフポスト (2017年11月4日). 2019年7月8日閲覧。
  7. ^ 劇団4ドル50セント福島雪菜、旗揚げから激動2年 ここ2ヶ月で6人の退団者思い涙”. ORICON NEWS. 2019年7月8日閲覧。
  8. ^ 秋元康氏、劇団事業からの撤退もありそう? 退団者が相次いだ理由” (日本語). リアルライブ. 2019年7月8日閲覧。
  9. ^ 目指すはシカゴ、秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」旗揚げ”. ORICON NEWS (2017年8月28日). 2018年9月10日閲覧。
  10. ^ ★出演情報★”. 【公式】劇団4ドル50セント official website (2017年8月28日). 2018年9月19日閲覧。
  11. ^ 秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」劇中歌が話題に”. ドワンゴジェイピーnews (2017年9月23日). 2018年9月10日閲覧。
  12. ^ 秋元康プロデュース 劇団4ドル50セント、GirlsAwardでオープニングアクト”. マイナビニュース (2017年9月16日). 2018年3月14日閲覧。
  13. ^ PlayStation®4 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』 「劇団4ドル50セント」、初挑戦で緊張のあまり涙・・・!?タイアップ広告10月30日(月)より展開開始!”. PRTIMES (2017年10月31日). 2018年9月10日閲覧。
  14. ^ 4ドル50セント 柿喰う客とコラボ公演「新たな挑戦」”. yahoo (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  15. ^ 劇団4ドル岡田「稽古中楽しい」柿喰う客コラボ公演”. 日刊スポーツ (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  16. ^ a b 心臓丸のトーク丸#1”. 劇団4ドル50セント (2018年12月21日). 2019年7月3日閲覧。
  17. ^ 「FNSうたの夏まつり」で最多コラボの劇団4ドル50セント「仕事量とクオリティすごい」”. ドワンゴジェイピーnews (2018年7月26日). 2018年8月29日閲覧。
  18. ^ 秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」劇中歌が話題に”. ドワンゴジェイピーnews (2017年9月23日). 2019年4月10日閲覧。
  19. ^ 劇団4ドル50セントがTGC登場、ユニット曲披露”. LivedoorNEWS (2019年3月30日). 2019年4月10日閲覧。
  20. ^ 劇団4ドル50セントがTGCに登場「愛があったら…」を披露”. 日刊スポーツ (2019年3月30日). 2019年4月10日閲覧。
  21. ^ “劇団4ドル50セント生配信ドラマが驚きの第1話”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年5月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905170001161.html 2020年7月30日閲覧。 
  22. ^ PlayStation®4 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』 「劇団4ドル50セント」、初挑戦で緊張のあまり涙・・・!?タイアップ広告10月30日(月)より展開開始!”. PRTIMES (2017年10月31日). 2019年4月10日閲覧。