劉仁之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉 仁之(りゅう じんし、? - 544年)は、中国北魏から東魏にかけての政治家は山静。本貫河南郡洛陽県

経歴[編集]

劉爾頭の子として生まれた。御史中尉の元昭に召されて御史となった。531年、黄門侍郎を兼ね、爾朱世隆の信任を受けた。532年孝武帝が即位すると、仁之は著作郎となり、中書令を兼ねた。史官の任にありながら、その才能がなく、執筆をおこなわなかった。衛将軍・西兗州刺史となって出向し、声望をえた。544年、死去した。衛大将軍・吏部尚書・青州刺史の位を追贈された。は敬といった。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻八十一 列伝第六十九
  • 北史』巻二十 列伝第八