劉剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
劉剛(秦城監獄の鉄血の男)
プロフィール
出生: (1961-01-30) 1961年1月30日(57歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国吉林省遼源市
職業: 金融アナリスト・民主化運動家
各種表記
繁体字 劉剛
簡体字 刘刚
拼音 Liú Gāng
和名表記: りゅう こう
発音転記: リウ・ガン
英語名 Liu Gang
テンプレートを表示

劉 剛(りゅう こう、リウ・ガン、1961年1月30日 - )は、中国出身の科学者であり、数理モデル計算機科学理論物理学を研究している。1989年第二次天安門事件における活動を主導し、もっとも目立った活躍をした学生うちのひとりである。北京大学で物理学の、コロンビア大学で計算機科学の修士号を取得している。1996年にアメリカ合衆国に亡命してからは、ニュージャージー州ベル研究所で科学技術と物理学を研究した。現在はウォール街モルガン・スタンレーでITアナリストとして働いている[1]

中国民主化運動の主要なリーダーであり、王丹ウーアルカイシなどの同志と近しい[2]


著書[編集]

英語論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ From China's Prisons To Columbia's Computers”. Columbia University. 2010年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。1996年5月5日閲覧。
  2. ^ Tiananmen's Most Wanted”. New York Times. 2014年6月3日閲覧。