劉少奇故居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
劉少奇故居

劉少奇故居(りゅうしょうきこきょ)は、元中華人民共和国主席劉少奇の生家である。湖南省長沙市の南西、長沙市の寧郷市花明楼鎮炭子冲に位置する。敷地面積は20000m2。土木構造。部屋が全部で30間ある[1]

歴史[編集]

劉少奇同志記念館
  • 1796年、劉少奇の曾祖父により設立される[2]
  • 1898年11月24日、劉少奇がこの地で誕生した[2]
  • 1959年、湖南省人民政府は故居を省級重点文物保護単位に認定し、国内観光客に一般公開される[2]
  • 1966年、文化大革命において紅衛兵の打倒対象とされ、迫害を受けた。故居は破壊され、文物は散失してしまった。10月1日、故居一般公開終止[2]
  • 1980年2月、劉少奇の名誉が回復される(第11期5中全会)。故居は復元され、3月5日に一般公開された[2]
  • 1982年冬、鄧小平の筆になる「劉少奇同志故居」の扁額が故郷の正門に掲げられた[2]
  • 1988年1月、中華人民共和国国務院は故居を全国重点文物保護単位に認定した[2]
  • 1998年12月、劉少奇誕生100周年記念式が盛大に開催された[3]

周辺建築[編集]

  • 劉少奇同志記念館
  • 劉少奇文物展覧館
  • 劉少奇銅像

脚注[編集]

  1. ^ 惟楚有才 走近刘少奇、中国語、新浪、2015年04月29日
  2. ^ a b c d e f g “宁乡县花明楼刘少奇故居和纪念馆” (中国語). 新华网 (新華網). (2011年6月23日). オリジナルの2016年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161121235113/http://news.xinhuanet.com/travel/2011-06/23/c_121573977.htm 
  3. ^ 湖南省文物保护单位 刘少奇故居、2014-06-03、瀟湘晨報(中国語)

座標: 北緯28度01分56秒 東経112度38分44秒 / 北緯28.032175度 東経112.645609度 / 28.032175; 112.645609