劉康 (五胡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉 康(りゅう こう、? - 353年)は、五胡十六国時代の人物。西域出身の胡人

生涯[編集]

353年3月、自らを前趙皇帝劉曜の子であると詐称し、平陽において衆人を集めると、晋王を自称した。

4月、前秦の左衛将軍苻飛が討伐に赴くと、劉康はこれを迎撃するも敗れ、捕らわれた。その後の生死は不明である。

参考文献[編集]