劉恵端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

劉 恵端(劉 惠端、りゅう けいたん、? - 489年)は、南朝斉の明帝蕭鸞の夫人。明敬劉皇后と追尊された。本貫彭城郡

経歴[編集]

劉景猷と王氏(平陽郷君)の娘として生まれた。蕭道成は蕭鸞の妻として恵端を迎えさせた。481年建元3年)、恵端は西昌侯夫人となった。蕭宝巻蕭宝玄蕭宝寅蕭宝融を生んだ。489年永明7年)、死去した。江乗県の張山に葬られた。494年延興元年)、宣城王妃の位を追贈された。同年(建武元年)、明帝が即位すると、敬皇后と追尊された。498年永泰元年)、明帝が死去すると、改葬されて興安陵に陪葬された。

伝記資料[編集]