劉攻芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
劉攻芸
No image available.svg
プロフィール
出生: 1900年5月23日
光緒26年4月25日)
死去: 1973年8月8日
シンガポールの旗 シンガポール
出身地: 清の旗 福建省福州府侯官県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 劉攻芸
簡体字 刘攻芸
ピン音 Liú Gōngyún
和名表記: りゅう こううん
発音転記: リウ ゴンユン
ラテン字 Liu Kung-yün
テンプレートを表示

劉 攻芸(りゅう こううん[1])は中華民国の政治家。旧名は駟業

事跡[編集]

私立上海聖ヨハネ大学附属中学を卒業。1919年(民国8年)、アメリカに留学し、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールに入学する。1922年(民国11年)、商学士の学位を取得した。続いてノースウェスタン大学に入学し、同時に銀行でも勤務している。1924年(民国13年)、やはり商学士の学位を取得した後に渡英し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学、ここでも銀行勤務を継続した。

1927年(民国16年)に博士学位を取得して帰国し、国立清華大学で経済学の講師となる。翌年、国立中央大学に転じ、銀行学を教授した。1929年(民国18年)、中国銀行総経理張公権(張嘉璈)に招聘され、同行の業務に携わる。1935年(民国24年)8月、中央信託局局長に任ぜられ、数か月後に国民政府鉄道部財務委員会に異動した。1940年(民国29年)、四行聯合総弁事処秘書長となる。1945年(民国34年)5月、中国国民党第6期中央執行委員候補に選出された。

戦後に劉攻芸は中央信託局局長に復帰し、蘇浙皖区敵偽産業処理局局長も兼ねた。1947年(民国36年)3月、中央銀行総裁に昇進し、1949年(民国38年)1月には同行総裁となった。同年3月、徐堪の後任として財政部長に任ぜられる。しかし、すでに国共内戦の趨勢が定まっていた上に、4月には南京も陥落してしまったため、劉は財政における指導力をほとんど発揮できなかった。国民政府の貯蔵していた黄金を台湾に輸送する任務に従事した後、6月に辞任した(徐が後任として復帰)。

その後、劉攻芸は香港へ逃れ、1950年春にはシンガポールでシンガポール華僑銀行顧問、華僑保険公司董事経理などを歴任した。

1973年8月8日、シンガポールにて病没。享年74(満73歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。

注釈[編集]

  1. ^ この場合の「芸」の音は「ウン」となる。常用漢字表での「芸」は本来「藝」であったものが簡略化された際に「芸(ゲイ)」に変更された結果、本来別字として存在した「芸(ウン)」と同型衝突している。繁体字でも「芸」となる場合は後者と音を採用する。
 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
徐堪
財政部長
1949年3月 - 6月
次代:
徐堪