劉牧群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
劉牧群
Liu Muqun.jpg
『中国当代名人伝』1948年
生誕 1905年2月29日[1]
清の旗 福建省沙県
死没 (1979-04-19) 1979年4月19日(74歳没)
中華民国の旗 中華民国台北市
所属組織 Republic of China Air Forces Flag (1937).svg 中華民国空軍
軍歴 ? - 1927(北洋軍)
1927 - 1962(中華民国空軍)
最終階級 中将
除隊後 総統府戦略委員会顧問
中華航空公司董事長
テンプレートを表示

劉 牧群(りゅう ぼくぐん / リュー・ムクン)は、中華民国空軍軍人。最終階級は中将。挺生、号は芳秀。元の名は劉芳秀であったが、後に劉牧群に改名した[2]

劉牧と表記されることもある[3]

生涯[編集]

沙県鳳崗小学校卒業[4]。1918年、福州英華書院に入学[4]。1923年に卒業すると劉佐成の推薦で保定航空教練所(のち保定航空学校に改称、所長:沈徳燮)に入所[4]。同期には楊鶴霄石邦藩崔用徳(崔滄石)がいる。在学期間中に国民第3軍航空隊に加わる。1925年7月11日、国民第3軍航空司令部航空先遣隊(隊長:楊鶴霄)隊員として入陝作戦に参加[5]。同年秋、保定航空学校卒業。同学校の学生で編成された航空隊に参加。。

1926年6月、討賊聯軍航空司令部航空第1隊(隊長:趙歩墀)中隊長[6]。同年9月1日、聯軍航空司令部は直魯連軍に接収。9月2日、直魯連軍によって直隷航空処(監督兼処長:袁振銘)が設立され、航空隊(隊長:韋庭錕)飛行員に任命[7]北伐国民革命軍に加わり、1927年10月20日に唐生智討伐のため、西征軍水上飛機隊(隊長:曹宝清)が編成され、同部隊の飛行員(飛機師)[8][9]

1928年11月、軍政部航空署航空第1隊(隊長:高在田)副隊長[10]。1929年5月、南京航空司令部航空第3隊隊長[11]。1930年、航空第3隊隊長として中原大戦に参加[12]。1933年7月18日、軍政部航空署軍務処科長[13]。軍事委員会南昌行営中国語版航空指揮部航空中隊長、航空署江西省航空試験場工務処長を歴任。第一次から第三次までの囲剿作戦に参加。

1933年7月18日、空軍少校上級[14]。同年9月2日、空軍中校本級[15]

1934年5月、航空委員会第2処(教育処、処長:陳慶雲)副処長[16]

1935年9月7日、空軍中校[17]。同年11月に行われた秋季大演習で西軍航空大隊隊長[18]

1936年の両広事変に前後して広東空軍の中央帰順及び改編に携わった。航空委員会広東方面司令部代理司令官、中央航空学校広州分校主任(1936年9月1日[19])などを歴任した。

日中戦争が勃発すると1937年9月14日に駐粤空軍指揮部が編成され、指揮官に就任[20]。南京の空軍第1軍区司令官の沈徳燮ソ連に航空機の購入に赴いている間、その代理司令官として南京防空戦を指揮。1938年3月、航空委員会航政処処長[21]。4月、空軍第2路司令部司令官。1939年5月、空軍機械学校教育長[22]。1940年7月19日、空軍上校[23]。1940年7月から1942年7月まで中国陸軍大学特別班第5期に在学。1943年5月、空軍軍官学校教育長[24]

1947年9月、空軍総司令部(司令官:周至柔)訓練司令部司令官[25]。1948年9月22日、空軍少将[26]。1948年10月、空軍総司令部参謀長兼空軍教練司令部司令官。1949年4月、総司令部とともに台湾に渡ったのちも同職を継続し、台湾への軍隊及び物資の空輸を担当した。

1950年3月21日、台湾総統府侍衛室侍衛長[27]。1954年、総統府第三局局長。同年、空軍中将。後に総統府戦略委員会顧問。1962年に軍を退役後は、台湾僑資事業促進会理事、台湾糖業公司顧問、華民紙業公司董事長、大群建設公司董事長、中華航空公司董事長などを務めた。

1979年4月19日、台北にて病死。

勲章[編集]

  • 陸海空軍甲種一等獎章 1943年7月31日[28]
  • 三等空軍復興栄誉勲章 1943年10月10日[29]
  • 四等宝鼎勲章中国語版 1944年8月13日[30]
  • 二等空軍復興栄誉勲章 1945年8月14日[31]
  • 忠勤勲章中国語版 1945年10月10日[32]

出典[編集]

  1. ^ 陸海空軍軍官佐任官名簿 Part3 (PDF)” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 136. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ 李 1973, p. 365.
  3. ^ 中央報告 (二)(002-080101-00029-010)” (中国語). 典蔵臺灣. 2017年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c 国民党空军少将——刘牧群” (中国語). 沙县人民政府. 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ 馬 1994, p. 205.
  6. ^ 馬 1994, p. 183.
  7. ^ 馬 1994, p. 184.
  8. ^ 李 1973, p. 106.
  9. ^ 馬 1994, p. 386.
  10. ^ 馬 1994, p. 396.
  11. ^ 馬 1994, p. 399.
  12. ^ 盧 1974, p. 38.
  13. ^ 国民政府広報令 1186号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年1月12日閲覧。
  14. ^ 国民政府広報第1187号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2018年10月27日閲覧。
  15. ^ 国民政府広報 第1227号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2018年10月27日閲覧。
  16. ^ 馬 1994, p. 411.
  17. ^ 国民政府広報令 1840号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年1月12日閲覧。
  18. ^ 民國二十四年度秋季大演習記事附錄第二巻 (PDF)” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 11. 2018年9月21日閲覧。
  19. ^ 盧 1974, p. 66.
  20. ^ 盧 1974, p. 162.
  21. ^ 馬 1994, p. 415.
  22. ^ 盧 1974, p. 232.
  23. ^ 国民政府広報 渝字第276号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月1日閲覧。
  24. ^ 空軍建校沿革史” (中国語). 中國飛虎研究學會. 2018年1月9日閲覧。
  25. ^ 盧 1974, p. 289.
  26. ^ 総統府広報 第107号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月2日閲覧。
  27. ^ 総統府広報第248号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月18日閲覧。
  28. ^ 国民政府広報渝字第593号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年11月22日閲覧。
  29. ^ 国民政府広報渝字第612号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。
  30. ^ 国民政府広報渝字第701号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。
  31. ^ 国民政府広報 渝字830号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。
  32. ^ 国民政府広報 渝字第929号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年11月8日閲覧。

参考[編集]

  • 陈予欢 (2009). 陆军大学将帅录. 广州出版社. pp. 203. 
  • 马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社. 
  • 盧克彰編著 (1974). 空軍建軍史話. 空軍總部政治作戰部. 
  • 李天民 (1973). 中國航空掌故. 中國的空軍出版社. 
軍職
先代:
李泯
航空第3隊長
第2代?:1930.7.21 - 1933.7.17
次代:
張有谷
先代:
なし
航空委員会航政処長
初代:1938.3 - 1938.4
次代:
王豊?
先代:
楊鶴霄
(代理)
空軍第2路司令官
初代:1938.4 - 1939.5
次代:
邢剷非
先代:
王士倬中国語版
空軍機械学校教育長
第2代:1939.5 - 1940?
次代:
?
先代:
張廷孟
(代理)
空軍第1路司令官
第5代:1941.4 - 1943.2
次代:
楊鶴霄
先代:
王叔銘
空軍軍官学校教育長
第5代:1943.5 - 1947?
次代:
胡偉克中国語版
先代:
なし
訓練司令部司令官
初代:1947.9 - 1950
次代:
徐康良中国語版?
先代:
王叔銘
空軍総司令部参謀長
第2代:1948.10 - 1949.11
次代:
劉国運
先代:
石祖徳
総統府侍衛長
第2代:1950.3.15 - 1954.3
次代:
皮宗敢
先代:
施覚民?
総統府第三局局長
第3代?:1954.3 - ?
次代:
?