劉猛 (匈奴)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

劉 猛呉音:る みょう、漢音:りゅう もう、拼音:Liú Mĕng、? - 272年)は、中国三国時代から西晋時代の南匈奴屠各種の一族。前趙劉淵の従曾祖父、劉副侖の父。『新唐書』宰相世系表では、一族の独孤部の首長である劉進伯の曾孫、劉尸利の孫、劉烏利の子で、去卑の弟、『北史破六韓常伝では、羌渠の弟となっている。

生涯[編集]

泰始7年(271年)1月、劉猛は西晋に叛き、長城を出て孔邪城に駐屯した。武帝は婁侯の何楨を派遣して、を持たせてこれを討たせた。11月、劉猛は并州を侵略するが、并州刺史の劉欽らによって撃ち破られた。

泰始8年(272年)1月、監軍の何楨は劉猛をたびたび討ち破る一方で、劉猛の配下で左部帥の李恪を誘い、劉猛を暗殺させた。李恪はそのまま西晋に降った。劉猛が死ぬと、子の劉副侖は鮮卑拓跋部に亡命したので(これが独孤部となる)、その部衆は去卑の子の誥升爰によって統領された(これが鉄弗部となる)。

劉猛の地位[編集]

当時、南匈奴は并州において左・右・南・北・中の五部に分かれて生活しており、それぞれに部帥を置いていた。『魏書』において劉猛は北部帥と記されているが、『晋書』武帝紀・杜預伝では匈奴帥胡奮伝では中部帥、四夷伝では単于、『資治通鑑』では右賢王となっており、一定していない。このうちの単于について、内田吟風の『北アジア史研究』では、「劉猛は単于ではなく、五部帥の中の一人右賢王であり、恐らくは単于を自称したため」としている。確かに史書において、南匈奴の単于は呼廚泉以降、単于位を継いだという記録が一切ない。

参考資料[編集]