劉珍 (漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉珍(りゅう ちん、生年不詳 - 126年頃)は、後漢官僚文人は秋孫、あるいは秘孫。またの名は宝。本貫南陽郡蔡陽県

経歴[ソースを編集]

若くして学問を好んだ。永初年間、謁者僕射となった。110年(永初4年)[1]、太后の鄧綏の命により校書の劉騊駼中国語版馬融五経博士とともに東観の『五経』や諸子の伝記や百家の芸術の校定をおこない、誤脱を整理し、文字を正した。120年永寧元年)、太后の命により劉騊駼とともに『建武已来名臣伝』を作り、侍中・越騎校尉に転じた。125年延光4年)、宗正に任じられた。126年永建元年)、衛尉に転じた。後に在官のまま死去した。

かれによって著された誄・頌・連珠は合わせて7篇あった。また『東観漢記』22篇や『釈名』30篇を編纂した。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 後漢書』安帝紀

伝記資料[ソースを編集]

  • 『後漢書』巻80上 列伝第70上