劉瑜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉瑜(りゅう ゆ、生年不詳 - 168年)は、後漢学者官僚は季節。本貫広陵郡。広陵靖王劉守(武帝の子の広陵厲王劉胥の孫)の玄孫にあたる。

経歴[編集]

清河太守の劉弁の子として生まれた[1]。劉瑜は若くして経学を好み、図讖天文・算暦の術を得意とした。州郡に召し出されたが官に就かなかった。

165年延熹8年)、太尉楊秉により賢良方正に挙げられ、洛陽に到着すると、宦官や佞人をしりぞけるよう上書した。

桓帝が劉瑜を召し出して災害の徴候について諮問すると、劉瑜は讖緯説に基づいて回答したが、桓帝は劉瑜の進言を用いることができなかった。劉瑜は議郎に任じられた。

桓帝が死去すると、大将軍竇武が宦官たちを粛清しようと図り、劉瑜を侍中として召し出し、計画を謀議した。168年建寧元年)9月[2]、竇武らが宦官排除に失敗すると、劉瑜らは皆、誅殺された。劉瑜の死後、宦官たちはかれの上書を虚偽扱いして全て焼いた。

子に劉琬があり、劉瑜の学問を伝え、気象の予報に明るく、災異について著述した。方正に挙げられたが、官につかなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 范曄後漢書』劉瑜伝による。謝承『後漢書』は「父の祥は清河太守となった」とする。
  2. ^ 『後漢書』霊帝紀

伝記資料[編集]

  • 『後漢書』巻57 列伝第47