劉翼 (前趙)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉 翼(りゅう よく、? - 312年)は、中国五胡十六国時代の漢(後の前趙)の皇族。昭武帝劉聡の第3子である。

生涯[編集]

祖父の劉淵が挙兵すると、これに仕えて別将となった。

驍勇であり、人並はずれた力を持っていた。また、射術にも秀でていた。その力は片手で殿柱を持ち上げる程であった。さらに、平陽門を飛び越えるほどの跳躍力もあったという。当時の人々は、彼を関羽張飛に比した。劉淵は彼を只者ではないと考え、征虜将軍とした。

310年8月、父の劉聡が即位すると、劉翼は彭城王に封じられた。312年に没した。

参考文献[編集]