劉鴻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉鴻(りゅう こう、生年不詳 - 147年)は、後漢皇族。勃海孝王。質帝の父。

経歴[編集]

楽安夷王劉寵の子として生まれた。121年永寧2年)、父が死去すると楽安王の封を嗣いだ。安帝が死去すると、初めて楽安国に赴任した。127年永建2年)1月、劉鴻は洛陽に来朝した[1]146年本初元年)5月庚寅、劉鴻は勃海王に改封された[2]147年建和元年)7月、死去した[3]を孝といった。

子の劉纘が質帝として即位したため、勃海王位は桓帝の弟の蠡吾侯劉悝が嗣いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』安帝紀
  2. ^ 『後漢書』質帝紀
  3. ^ 『後漢書』桓帝紀

伝記資料[編集]

  • 『後漢書』巻55 列伝第45