加佐美神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加佐美神社
舞殿
所在地 岐阜県各務原市蘇原古市場町5丁目1
位置 北緯35度25分21.50秒
東経136度51分55.12秒
主祭神 加佐美大神
蘇我倉山田石川麻呂
応神天皇
社格 式内社(小)
郷社
金幣社
創建 貞観6年(864年
例祭 10月14日15日
テンプレートを表示

加佐美神社(かさみじんじゃ)は、岐阜県各務原市にある神社

式内社であり、各務原市蘇原地区の産土神とされている。旧社格は郷社。 各務原市内の金弊社五社のうちの一社である。

概略[編集]

864年貞観6年)、清和天皇により創建。かつてこの地を、蘇我倉山田石川麻呂などの蘇我氏が治めており、「蘇原」の地名は、蘇我氏の領有に由来するといわれている。蘇我倉山田石川麻呂が亡くなった後、曽原荘(現在の蘇原)の人々が蘇我倉山田石川麻呂を崇敬し、祭祀したのが始まりといわれており、神社自体は7世紀には存在した可能性がある。905年延喜5年)ころ、各務郡曽原荘古市場にあり八幡宮と呼ばれていたという。908年(延喜5年)には笠見明神と称されたという。

境内には阿弥陀堂、薬師堂があり、神仏習合の名残がある。本殿(1687年建築)幣殿(1910年建築)拝殿(1746年建築)は国の登録有形文化財に登録されている[1][2][3]

また、狛犬、獅子頭が各務原市指定文化財となっている[4]

蘇我氏とつながりが深く、周辺には蘇我石川麻呂の墳墓(伝蘇我倉山田石川麻呂の墓)や、山田寺跡(山田寺塔心礎)がある。

祭神[編集]

  • 加佐美大神
    • 一説によると、かつては加佐美神社の北にある「加佐美山」自体が信仰の対象であったという。加佐美大神は加佐美山を神としたと推測される。
  • 蘇我倉山田石川麻呂
  • 応神天皇

例祭[編集]

  • 毎年10月14日・15日(現在はこの日に近い日曜日)に行われる。花御輿がくりだされる。以前はけんか神輿が奉納されたが、事故により中止されている。

所在地[編集]

  • 各務原市蘇原古市場町5丁目1

交通機関[編集]

その他[編集]

境川を挟んで西側にある「市林山」は市隼雄命(橿森神社祭神)の墳墓がある。 また、神社の裏山にはかつて八幡山城があった。

脚注[編集]

  1. ^ 加佐美神社本殿”. 岐阜県. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ 加佐美神社幣殿”. 岐阜県. 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ 加佐美神社拝殿”. 岐阜県. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ 市指定文化財”. 各務原市. 2013年5月15日閲覧。

関連項目[編集]