加倉一馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加倉 一馬
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1957-10-19) 1957年10月19日(61歳)
身長
体重
172 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1975年 ドラフト4位
初出場 1979年6月23日
最終出場 1983年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加倉 一馬(かくら かずま、1957年10月19日 - )は、福岡県大牟田市出身の元プロ野球選手外野手)。1979年から1981年途中までの登録名は加倉 克馬(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

柳川商業高等学校では、エースとして1975年春の選抜に出場。1回戦で堀越高に敗退[1]。同年夏は右翼手として県予選決勝に進出するが、小倉南高に敗れる[2]。1年下のチームメートに立花義家久保康生がいた。

同年のドラフト4位で太平洋クラブライオンズ に投手として入団。入団後すぐに打撃と巧守を活かすため外野手に転向。

しかし入団後は怪我のため出遅れ、西武での1軍出場は1979年のみにとどまる。また同年のジュニアオールスターゲーム本塁打を放ち、MVPを獲得している。

1982年オフ、金銭トレードで阪神タイガースに移籍。1983年は守備固め等で1軍出場を果たすも、翌1984年吉竹春樹北村照文田中昌宏ら若手の台頭に加えロッテから弘田澄男が移籍し、外野手が充足したため1軍出場は無く同年限りで現役引退となった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 西武 32 35 33 4 6 0 1 0 8 2 0 0 0 0 1 0 1 9 1 .182 .229 .242 .471
1983 阪神 36 16 15 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 2 .000 .063 .000 .063
通算:2年 68 51 48 6 6 0 1 0 8 2 0 0 0 0 2 0 1 11 3 .125 .176 .167 .343

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1976年 - 1978年)
  • 56 (1979年 - 1982年)
  • 45 (1983年 - 1984年)

登録名[編集]

  • 加倉 一馬 (1976年 - 1978年、1981年途中 - 1984年)
  • 加倉 克馬 (1979年 - 1981年途中)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]