加古大池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加古大池
Kako Ohike.JPG
加古大池
所在地 兵庫県加古郡稲美町加古1678
位置
面積 0.489 km2
周囲長 3.02 km
貯水量 0.0013 [1] km3
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

加古大池(かこおおいけ)は、兵庫県加古郡稲美町にある農業用溜池。

概要[編集]

1661年(万治4年)中西条村(現加古川市八幡町)の庄屋加古沢兵衛、沼田喜平次、本岡治兵衛の願い出により農業用溜池として築造された兵庫県下最大の溜池。甲子園球場の約12倍の面積がある。

自然[編集]

加古大池のヨシ原

広大なヨシ原が保存されており、多くの野鳥の楽園になっている。

交通アクセス[編集]

参考[編集]

溜池の数ランキング

1位 兵庫県 43,347
2位 広島県 20,183
3位 香川県 14,619
4位 大阪府 11,105
5位 山口県 10,636

2010年データに基づく[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b ひょうごのため池 - 兵庫県