加古川大堰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
加古川大堰
Kakogawa Ozeki weir.JPG
左岸所在地 兵庫県加古川市八幡町中西条
右岸所在地 兵庫県加古川市上荘町薬栗
位置
河川 加古川水系加古川
ダム諸元
ダム型式 可動堰
堤高 6.0 m
堤頂長 422.5 m
流域面積 1,657.0 km²
湛水面積 82.0 ha
総貯水容量 1,960,000 m³
有効貯水容量 1,640,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水上水道
事業主体 国土交通省近畿地方整備局
施工業者 間組鴻池組
着工年/竣工年 1979年/1988年
備考 [1]
テンプレートを表示

加古川大堰(かこがわおおぜき)は兵庫県加古川市にある

目次

概要[編集]

国土交通省近畿地方整備局が管理する高さ6メートル可動堰一級河川加古川本流河口より12.0キロメートル上流地点に建設された[2]。加古川本流唯一の河川管理施設である。

加古川の治水慣行水利権分の用水補給を行う不特定利水供給、および加古川下流域の都市に対する上水道供給を目的とする。

堰ではあるが、特定多目的ダム法に基づいて特定多目的ダムとして建設されたため、法律上はダムとして扱われる。

その他[編集]

  • 加古川大堰によって流下する栄養塩が減少しており、河口域で行われる海苔養殖に色落ちなどの打撃を与えている。このため、2008年には下流への緊急放水も行われている[3]
  • 堰を遡上する魚のために魚道が設けられている[2]
  • 加古川大堰の水面を利用してボートコースが設定されており、年間を通じてのボート競技大会が開催されている[2]。なお、兵庫県内で国体レベル(1000mコース)の公式大会を開催できるのは、加古川大堰を除いては豊岡市の円山川城崎漕艇場だけである。

脚註[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

リンク[編集]

執筆の途中です この「加古川大堰」は、ダムに関連した書きかけ項目です。
加筆・訂正してくださる協力者を求めています。(建築CP/ダムPJ