加古川西詰ランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加古川西詰ランプ
加古川西詰ランプ案内板
加古川西詰ランプ案内板
所属路線 加古川バイパス
本線標識の表記 加古川西詰
起点からの距離 73.9 km(梅田新道起点)
加古川ランプ (1.0 km)
接続する一般道 兵庫県道79号高砂加古川加西線
供用開始日 1970年(昭和45年)3月8日
通行台数 x台/日
所在地 675-0052
兵庫県加古川市東神吉町出河原
テンプレートを表示

加古川西詰ランプ(かこがわにしつめ(づめ)ランプ)は、国道2号加古川バイパスの出入口で兵庫県加古川市東神吉町出河原にある。ランプは、東行き乗り口と西行き降り口のみ。

当初はランプではなく側道として設置されており、西行きの本線から降りることはできなかった(東行き乗り口からは本線に進入できた)。平成期の加古川バイパスリニューアル計画により、渋滞の緩和や、ロックタウン加古川等周辺地域の開発が見込まれたことから、神戸方面からの利用者の利便性を考慮し、側道と西行き本線の降り口を兼用できるように改良された。また標識のローマ字表記が2種類[1]あり本線上の標識は「Kakogawa-nishitsume」・出口側の標識は「Kakogawa-nishizume」となっている。

接続する道路[編集]

周辺[編集]

  • イオンタウン加古川西
  • イオンタウン加古川(旧・ロックタウン加古川)

[編集]

加古川バイパス
加古川ランプ - 加古川西詰ランプ - 加古川西ランプ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 標識で「○○西詰」と表記されている場合、ローマ字表記は「○○-nishi」となっていることが多いが、「加古川西詰」ランプの場合はそのまま「Kakogawa-nishi」とすると本ランプの西側にある、「加古川西」ランプと表記が同じになり混同される恐れがあるため「詰」の部分まで表記している。

関連項目[編集]