加地大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加地 大介
生誕 (1960-05-05) 1960年5月5日(58歳)
日本の旗 日本愛知県
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 日本哲学
研究分野 形而上学
論理学
存在論
科学哲学
主な概念
テンプレートを表示

加地 大介(かち だいすけ、1960年5月5日 - )は、日本哲学者埼玉大学教養学部教授。専門は分析形而上学、哲学的論理学、形式存在論

人物・来歴[編集]

愛知県に生まれる。1983年東京大学教養学部(科学史科学哲学分科)卒業。1989年同大学院人文科学研究科博士課程(哲学専攻)単位取得退学。1993年埼玉大学教養部講師、94年助教授、2005年教養学部教授をへて、人文社会科学研究科教授[1]。2018年「もの ――現代的実体主義の存在論――」で東京大学・文学博士

著書[編集]

  • 『なぜ私たちは過去へ行けないのか : ほんとうの哲学入門』(哲学書房、2003年)
  • 『穴と境界 : 存在論的探求』(春秋社、2008年)
  • 『もの = Agents :現代的実体主義の存在論』春秋社, 2018

翻訳[編集]

  • V.ブライテンベルク『模型は心を持ちうるか 人工知能・認知科学・脳生理学の焦点』哲学書房 1987
  • J.ノルト, D.ロハティン『例題で学ぶ現代論理学 1』マグロウヒル出版, 1994
  • ジョン.ノルト, デニス.ロハティン『現代論理学』1-2 斎藤浩文 共訳. (マグロウヒル大学演習) オーム社, 1995
  • トゥオマス・E・タフコ 編著『アリストテレス的現代形而上学』 (現代哲学への招待 Anthology) 鈴木生郎, 秋葉剛史,谷川卓, 植村玄輝,北村直彰共訳 春秋社 2015

脚注[編集]

[ヘルプ]