加山利治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加山 利治
基本情報
本名 加山 利治
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1971-12-17) 1971年12月17日(45歳)
出身地 北海道帯広市
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 23
KO勝ち 15
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

加山 利治(かやま としはる、1971年12月17日 - )は、北海道帯広市出身の元プロボクサーワタナベボクシングジム所属。入場曲はSkoop On Somebody壊したい」。

来歴[編集]

  • 1995年11月28日ワタナベボクシングジム所属でプロデビュー。狩野昌彦に3RKO勝ち。
  • 1996年12月21日、東日本ウェルター級新人王決勝戦で、後の日本王者大曲輝斉と対戦し、6R引き分け(勝者扱いで全日本新人王戦出場)。
  • 1997年2月15日、全日本ウェルター級新人王戦で、松下文昭に5RTKO勝ち。全日本新人王タイトルを獲得。
  • 1998年6月23日、日本ウェルター級王者名嘉原誠の王座に挑戦し、8RTKO勝ち。日本同級王座を獲得する。
  • 1998年12月8日2000年4月25日にかけて、小松進一、佐伯真二、佐竹政一(後のOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者)、ジャッキー桑田(元日本ジュニアウェルター級王者)、名嘉原誠を下し、日本ウェルター級王座5度の防衛に成功。
  • 2000年8月22日、日本王座を保持したまま、OPBF東洋太平洋ウェルター級王者の尹錫玄に挑戦。12R判定負けを喫する。
  • 2000年12月5日、日本ウェルター級王座6度目の防衛戦で、中野吉郎に10R判定負けし、日本王座転落。
  • 2002年7月20日、日本スーパーウェルター級王者の河合丈矢に挑戦し、10R判定負け。日本王座獲得に失敗。
  • 2003年4月14日、日本スーパーウェルター級王者の金山俊治に挑戦し、5RTKO負け。日本王座獲得に失敗。
  • 2006年5月9日、ペットナムエーク・シットサイトーン(タイ)に3RTKO勝ち。この試合を最後に現役を引退する。
  • 引退後はワタナベジムのトレーナーとなる。
  • 現在はフィットネス中心ジムの「EBISU K's BOX」を経営。特別トレーナーとして親友の湯場忠志も指導に入っており、キックボクサーの日菜太ら格闘家もボクシング練習の拠点に使用している。
  • 2013年、オーナーライセンス取得、日本プロボクシング協会に加盟。所属プロ第1号としてキマグレンのメンバーKUREIとしても活動する榑井勇輝が11月29日デビュー。

戦績[編集]

  • 29戦23勝15KO5敗1分

獲得タイトル[編集]

  • 第53代東日本ウェルター級新人王
  • 第43代全日本ウェルター級新人王
  • 第38代日本ウェルター級王者(防衛5)

関連項目[編集]