加来至誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加来 至誠(かく しせい)は日本の外交官。駐エルサルバドル特命全権大使や駐ホンジュラス特命全権大使を歴任。

人物[編集]

佐賀県出身。1973年に東京大学教養学部を卒業、外務省入省。英語研修(フレッチャー法律外交大学院)を経て、在インドネシア大使館三等書記官、大臣官房領事移住部首席事務官、在カナダ大使館一等書記官などを経験。外務省研修所副所長、駐ニュージーランド公使を経て、2004年11月メルボルン総領事、2007年10月から駐エルサルバドル特命全権大使、2011年3月駐ホンジュラス特命全権大使。

フレッチャースクールでは、同時期に留学していた原田義昭と交友を結ぶ。

1997年に京都議定書をとりまとめた際に会議の事務総長を務めた。

2004年11月にメルボルン総領事に就任。オーストラリア人ジャーナリスト・ベン・ヒルズによる『プリンセス・マサコ』が出版されたときは、マイケル・ダンフィー日濠友好協会会長に対し同書には事実誤認があることなどを個人的に伝えた。ベン・ヒルズはアデレードでの講演会に対し、日濠友好協会を介して総領事館から中止圧力があったと主張した。

同期入省[編集]

脚注[編集]