加納久儔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
加納 久儔
時代 江戸時代後期
生誕 寛政9年(1797年
死没 弘化4年7月10日1847年8月20日
改名 英太郎(幼名)、久儔、寛山(法名)
戒名 荘厳院温恭日敬
墓所 東京都台東区の谷中墓地
東京都新宿区須賀町の戒行寺
官位 従五位下、遠江守、備中
幕府 江戸幕府
伊勢国八田藩主→上総国一宮藩
氏族 加納氏
父母 父:加納久慎、母:植村家長の娘
正室:高木正剛の娘
久徴、娘(石川総貨正室)、
娘(松平正和正室)、娘(大久保教義正室)、
娘(加納久成正室のち加納久恒正室)

加納 久儔(かのう ひさとも)は、伊勢八田藩(東阿倉川藩)の第5代藩主、後に上総一宮藩の初代藩主。一宮藩加納家5代。

寛政9年(1797年)、八田藩の第4代藩主・加納久慎の長男として生まれる。文化8年(1811年)11月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政4年(1821年)10月6日、父久慎の死去により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下遠江守に叙任する。後に備前守、遠江守に改めた。文政9年(1826年)3月に上総一宮藩に藩庁を移転し、一宮藩主となる。

藩政では家臣・岩堀市兵衛を用いて洞庭湖という灌漑用水を築き[1]天保9年(1838年)の天保の大飢饉では囲米の制を定めて困窮者の救済に務めた。文政10年(1827年)11月20日、大番頭に就任した。天保4年(1833年)6月24日に伏見奉行、天保9年(1838年)9月10日に奏者番となった。天保12年(1841年)11月14日、病気を理由に奏者番を辞任した。

天保13年(1842年)10月21日、家督を長男の久徴に譲って隠居する。同年11月4日、寛山と号した。弘化4年(1847年)7月10日に死去。享年51。

脚注[編集]

  1. ^ 着工年代については諸説ある。洞庭湖 (千葉県)の項を参照。