加納氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加納氏(かのううじ)は、日本の氏族の一つ。

加納氏 (平氏)[編集]

三浦氏の一族である佐原氏[1]佐原義連の子である時村を祖とする一族。岩代国耶麻郡加納庄が発祥の地である[1]。同族には猪苗代氏蘆名氏、北田氏、新宮氏などがいる。

加納氏 (三河国)[編集]

江戸時代に大名となった加納氏は三河国加茂郡加納村の出身の一族で、紀州徳川家に仕えた[2]。紀州家出身である徳川吉宗が将軍に就任すると、吉宗が幼少の頃から仕えていた加納久通が伊勢国八田藩主となり[1]、ともに江戸城へ移り、御側御用取次となって将軍老中の間を取り持ち、享保の改革を補佐する。また、江戸時代幕末に紀州藩槍奉行となった加納氏の家系もある。なお、本姓は藤原氏とされるが真偽は不明[1]。家紋は丸に違い柏、輪宝。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 太田 1934, p. 1596.
  2. ^ 太田 1934, p. 1595.

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「加納 カナフ」 『姓氏家系大辞典』第1巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1595-1596頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/871 国立国会図書館デジタルコレクション 

関連項目[編集]