加耒徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加耒 徹(かく とおる、1984年5月1日 - )は、日本バリトン歌手。二期会会員。

福岡県福岡市出身。私立泰星学園高等学校(現 上智福岡高等学校)卒業。

東京藝術大学卒業・同声会賞受賞。同大学院修士課程独唱科を首席で修了。修了時に大学院アカンサス賞を受賞。武藤舞奨学金を受ける。

二期会オペラ研修所マスタークラス第55期を総代で修了。最優秀賞および川崎靜子賞を受賞。

2014年シャネル・ピグマリオン・デイズ・アーティストに選ばれ、シャネル・ネクサスホールにて6回のリサイタルを開催。

現在、バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとして海外ツアー、録音にも参加する他、『マタイ受難曲』『ヨハネ受難曲』『メサイア』などの公演でソリストとしても出演している。

オペラでの活躍もめざましく、日生劇場オペラ公演『ドン・ジョヴァンニ』にタイトル・ロールのドン・ジョヴァンニ役で出演し聴衆を魅了した他、サントリー主催オペラ公演『愛の妙薬』ベルコーレ役、二期会オペラ公演『ナクソス島のアリアドネ』ハルレキン役、二期会ニューウェーブオペラ公演『ジューリオ・チェーザレ』アキッラ役などで出演し、正統派からコミカルな役まで好評を博している。

東京と福岡では毎年リサイタルを開催。歌曲の演奏には定評があり、世界各国の歌曲に幅広くレパートリーを持つ。『冬の旅』『詩人の恋』『リーダークライス』『亡き児を偲ぶ歌』をはじめ、イギリス歌曲のコンサート企画なども積極的に行っている。

これまでにシモーネ・ヤング、トレヴァー・ピノック、トーマス・ダグスゴー、E・オルトナー、ジュゼッペ・サッバティーニ、大友直人、現田茂夫、小泉ひろし、鈴木雅明、鈴木秀美、下野竜也、高関健、広上淳一の指揮のもと、東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー、新日本フィルハーモニー、日本フィルハーモニー、東京交響楽団、九州交響楽団、読売交響楽団、藝大フィルハーモニーなどと共演。

2012年にデビューアルバム「Kaku Toru Début」、2015年にセカンドアルバム「加耒徹×ドイツ歌曲」をリリース。

声楽を福嶋敬晃、勝部太に師事。

Jリーグチームアビスパ福岡の熱狂的なサポーターである。

成績・賞歴[編集]

  • 2009年 第20回 友愛ドイツ歌曲コンクール 第2位 併せて日本歌曲賞、日本Rシュトラウス協会賞を受賞。
  • 2011年 東京藝術大学大学院アカンサス賞受賞。
  • 2012年 二期会オペラ研修所最優秀賞および川崎靜子賞受賞。
  • 2013年 第15回世界オペラ歌唱コンクール NEUE STIMMEN 2013 セミファイナル進出:日本人男性歌手では初のセミファイナル進出。

主なオペラ出演歴[編集]