加茂佳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加茂 佳彦(かも よしひこ、1952年昭和27年) - )は、日本外交官2012年平成24年)10月から駐アラブ首長国連邦特命全権大使

経歴・人物[編集]

静岡県出身。1976年(昭和51年)東京大学工学部を卒業して外務省に入省した。

マサチューセッツ州にあるアマースト大学に留学し研修を終えた後、本省では南西アジア課長、在外公館では、バングラデシュタイカナダミャンマーフィンランドで勤務。2007年9月12日までヒューストン総領事も務めた。外務省以外では、内閣審議官(内閣安全保障室)、衆議院事務局国際部長を経て、2009年(平成21年)8月からホノルル総領事[1]

2012年平成24年)10月9日から駐アラブ首長国連邦特命全権大使[2]2015年平成27年)5月1日から国立研究開発法人海洋研究開発機構特任参事[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 総領事館案内 総領事のコーナー”. ホノルル総領事館. 2012年9月5日閲覧。
  2. ^ 「アラブ首長国連邦大使に加茂佳彦氏」時事通信社
  3. ^ 平成27年4月1日~平成28年3月31日内閣官房