加茂利男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加茂 利男(かも としお、1945年1月8日[1] - )は、日本の政治学者。専門は、地方自治論、政治過程論大阪市立大学名誉教授。立命館大学公共政策大学院公務研究科教授。恩師は吉富重夫。門下に伊藤恭彦他。

人物・経歴[編集]

和歌山県生まれ。1967年大阪市立大学法学部卒業。同年大阪市立大学法学部助手に就任。1972年同助教授、1985年同教授を経て、立命館大学公共政策大学院公務研究科教授。日本地方自治学会理事長 日本政治学会理事長、自治体問題研究所理事長など歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代政治の思想像――現代政治学批判序説』(日本評論社, 1975年)
  • 『アメリカ二都物語――21世紀への旅』(青木書店, 1983年)
  • 『都市の政治学』(自治体研究社, 1988年)
  • 『二つの世紀のはざまで――国境を超える体制改革』(自治体研究社, 1990年)
  • 『日本型政治システム――集権構造と分権改革』(有斐閣, 1993年)
  • 『都市の政治学』(自治体研究社, 2000年)
  • 『市町村合併と地方自治の未来――「構造改革」の時代のなかで』(自治体研究社, 2001年)
  • 『地方自治・未来への選択―平成市町村合併と「地方構造改革」のなかで』(自治体研究社, 2002年)
  • 『新しい地方自治制度の設計――「規模の利益」か「小さい自治の連合」か』(自治体研究社, 2005年)
  • 『世界都市――「都市再生」の時代の中で』(有斐閣, 2005年)
  • 『地上自治の再発見ー不安と混迷の時代に』(自治体研究社 2017年)

共著[編集]

  • 田口富久治佐々木一郎)『政治の科学――現代的課題と方法』(あゆみ出版社, 1972年)
  • 田口富久治佐々木一郎)『政治の科学――現代的課題と方法』(青木書店, 1974年)
  • (遠藤宏一)『地方分権の検証』(自治体研究社, 1995年)
  • (大西仁・石田徹伊藤恭彦)『現代政治学』(有斐閣, 1998年/新版, 2003年/第3版, 2007年/第4版, 2012年)
  • (白藤博行・山田公平)『地方自治制度改革論―自治体再編と自治権保障』(自治体研究社, 2004年)
  • 中村剛治郎高原一隆・佐無田光・榊原雄一郎・鈴木誠岡田知弘・多田憲一郎・鎌倉健鈴木茂・安東誠一)『基本ケースで学ぶ地域経済学』(有斐閣, 2008年)
  • (鶴田 廣巳・角田英昭・岡田知弘)『幻想の道州制―道州制は地方分権改革か』(自治体研究社, 2009年)
  • (永井史男・稲継裕昭)『自治体間連携の国際比較―市町村合併を超えて』(ミネルヴァ書房, 2010年)
  • 加藤幸雄榊原秀訓・柏原誠)『地方議会再生 名古屋・大阪・阿久根から』(自治体研究社, 2011年)

編著[編集]

  • 『地域づくり運動新時代』(自治体研究社, 1984年)
  • 『「構造改革」と自治体再編――平成の大合併・地方自治のゆくえ』(自治体研究社, 2003年)
  • 『資料と解説自治体自立計画の実際――「三位一体の改革」と町村』(自治体研究社, 2004年)
  • 『日本型地方自治改革と道州制』(自治体研究社, 2007年)

共編著[編集]

  • (遠州尋美)『東南アジアサステナブル世界への挑戦』(有斐閣, 1998年)
  • (白藤博行・山田公平)『地方自治制度改革論――自治体再編と自治権保障』(自治体研究社, 2004年)
  • (徳久恭子)『縮小都市の政治学』(岩波書店、2017年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.310