加茂暁星高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加茂暁星高等学校
過去の名称 加茂朝学校
加茂朝中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人加茂暁星学園
設立年月日 1920年
創立記念日 9月10日
創立者 西村大串
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科衛生看護科
専攻科 看護専攻科
学期 3学期制
高校コード 15508A
所在地 959-1322 
新潟県加茂市学校町16番18号
北緯37度40分22.5秒 東経139度3分24.5秒 / 北緯37.672917度 東経139.056806度 / 37.672917; 139.056806座標: 北緯37度40分22.5秒 東経139度3分24.5秒 / 北緯37.672917度 東経139.056806度 / 37.672917; 139.056806
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
加茂暁星高等学校の位置(新潟県内)
加茂暁星高等学校

加茂暁星高等学校(かもぎょうせいこうとうがっこう)は、新潟県加茂市にある私立高等学校である。学校法人加茂暁星学園が運営している。

概要[編集]

本校の創立者は曹洞宗住職である。なお、キリスト教修道会が母体の暁星高等学校と本校は関係ない。学校から徒歩数分の所には寮が設置されている[1]

校内に設置されている運動部のうち、野球部では部員の約20%が県外の中学校出身の生徒で、完備されている寮に入寮している[2][3]

設置されている課程[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科
    • 衛生看護科
    • 衛生看護専攻科

沿革[編集]

  • 1920年 - 大昌寺住職西村大串が農村青年を対象に加茂朝学校を創設、早朝に中等教育相当の授業を行っていた。
  • 1926年 - 各種学校に認定、それまでの早朝に加え夜間にも授業が行われるようになる。
  • 1937年 - 旧制中学校として認定。
  • 1948年 - 学制改革に伴い、加茂暁星高等学校(定時制普通科)に改称。
  • 1962年 - 全日制普通科設置。
  • 1967年 - 全日制衛生看護科設置。
  • 2017年7月21日 - 部活動の練習後にマネージャーの生徒が死亡する災害が発生する。

学校関係者による不祥事[編集]

死亡事故(災害)

2017年7月21日午後8時頃、野球部のマネージャーを務める2年生の女子生徒が練習を終えた後の長距離ランニング中に倒れ、搬送先の病院にて低酸素性脳症による意識不明の重体となり、同年8月5日に死亡が確認された。新潟県警加茂署は、業務上過失致死の疑いも含め関係者から事情聴取を行った[4]

系列校[編集]

著名な出身者[編集]

交通[編集]

このほか、スクールバスが運行されている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 普通科 スポーツクラス || 学校法人 加茂暁星学園 加茂暁星高等学校” (日本語). www.gyosei.ac.jp. 2018年7月24日閲覧。
  2. ^ 加茂暁星高校野球部で発生した死亡事故を問う | 全国柔道事故被害者の会”. judojiko.net. 2018年7月24日閲覧。
  3. ^ UX 2018年新潟県高校野球大会 » 加茂暁星高等学校” (日本語). www.yakyu.uxtv.jp. 2018年7月24日閲覧。
  4. ^ 練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部 朝日新聞 2017年8月6日
  5. ^ a b 交通アクセス”. 加茂暁星高等学校. 2019年9月17日閲覧。

関連項目[編集]