加藤一夫 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 一夫 (かとう かずお、1887年明治20年)2月28日 - 1951年昭和26年)1月25日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の詩人評論家[1]

履歴[編集]

和歌山県生まれ、明治学院卒、大正6年「土の叫び地の囁き」を刊行し民衆詩派の詩人として文壇に登場する。大正9年アナーキズムを掲げる『自由人連盟』などに参加し検挙される。のち転向して宗教に入ることを宣言し、農本主義、さらに天皇中心の思想をとなえるに至る[1]川崎長太郎との交流がある。

著作[編集]

  • 『本然生活』洛陽堂 1915
  • 『土の叫び地の囁き』洛陽堂 1918
  • 民衆芸術論』洛陽堂 1919
  • 加藤一夫著作集』全5編 春秋社
第1編 (無明) 1920
第2編 (救のない人生) 1920
第3編 (響かぬ鐘) 1921
第4編 (幻滅の彼方へ) 1921
第5編 (自由人の生活意識) 1922
  • 『加藤一夫新作集 第1篇 馬鹿万.転機』一歩堂 1922
  • 『乱舞する焔』改造社 1923
  • 『死の前に』帝国瑞穂社 1924
  • 『闇の舞踏 第1巻』吉田書店 1924
  • 『穴仙人の手記』春秋社 1925
  • 『村に襲ふ波』大阪屋号書店 1925
  • 『岐路に立ちて』大阪屋号書店 1926
  • 『生に寄する波』主婦之友社 1926
  • 『農民芸術論』春秋文庫 1931
  • 『農本社会哲学』暁書院 1933
  • 『農本主義 理論篇』暁書院 1933
  • 『土の哲学』建設社 1934
  • 『貧者の安住』不二屋書房 1935
  • 老子日本評論社 1935
  • 『第五福音書聖書』刀江書院 1936
  • 『私は出家した 随筆』学芸社 1936
  • 『小説キリスト』第一書房 1937
  • 『日本信仰 記・紀に現れた日本人の神観』恒星社 1938
  • 『宗教新体制草案』編 甲子社書房 1940
  • 『日本の新方向』山雅房 1940
  • 『み前に斎く』竜宿山房 1941
  • 『史前文化史』竜宿山房 1942
  • 『肇国史詩なかつくに』竜宿山房 1942
  • 八紘一宇史の発足』竜宿山房 時局叢書 1942
  • 『天皇信仰道』竜宿山房 1943
  • 『新農本主義』冨岳本社 1947
  • 『日本的基督教』富岳本社 1948

翻訳[編集]

  • レオ・トルストイ『闇に輝く光』文明堂 1913
  • 『トルストイ人道主義』天弦堂書房 近代思潮叢書 1915
  • ロマン・ロオランベェトオフェン並にミレエ』洛陽堂 1915
  • トルストイ『一般人叢書』第1編 愛のあるところに神あり、第5編 村の3日間・村の歌唱隊・旅人との対話・日記より 洛陽堂 1917
  • 『トルストイ一日一想』洛陽堂 1917
  • 『美術上の基督』訳 警醒社書店 1917
  • エドワード・カーペンター『産業的自由 其の理論及実際』洛陽堂 1920
  • 『トルストイ全集』第1巻 カザツク 第2巻 三つの死 第4巻 神と人、村の三日間・村の唱歌隊・旅人との対話、第5巻 我が宗教・宗教とは何ぞや・基督教・我等何を為すべき乎、第12巻 子供の智慧 第13巻 神の国は爾等の衷にあり(宇佐美文蔵共訳) 春秋社 1919-20
  • パスカル『随感録』杜翁全集刊行会 1921
  • 『トルストイ短篇選集』編 洛陽堂 1921
  • エルネスト・ルナン『耶蘇の生涯』杜翁全集刊行会 1921
  • ルソー民約論』世界大思想全集 第7巻 春秋社 1927
  • アウグスト・ベーベル『婦人論』世界大思想全集 第33 春秋社 1927
  • 『トルストイ全集 第51 基督教 他一篇』西川松子共訳 トルストイ全集刊行会 1928
  • ニーチェ『ツァラトゥストラは斯く語る・此の人を見よ』世界大思想全集 第8 春秋社 1929
  • ゴツドウイン『政治的正義』世界大思想全集 第17巻 春秋社 1930
  • ロバート・オーエン『社会に就いての新見解』世界大思想全集 第36巻 春秋社 1930
  • クロポトキン芸術論』春秋文庫 1931 『クロポトキンの芸術論』黒色戦線社 1988
  • ウィリアム・ジェイムズ・ペーリー『古代文明研究 太陽の子』世界大思想全集 春秋社 1931-32
  • カーライル[要曖昧さ回避]人生の書』編 金星堂 1937

脚注[編集]