加藤千笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 千笑(かとう ちえ、2001年9月13日 - )は、日本棋院中部総本部所属の囲碁女流棋士。初段。岐阜県岐阜市出身、羽根直樹九段門下。NHK学園高校に在学。

経歴[編集]

生まれつき手足の成長が遅く、骨も弱くなる骨形成不全症という難病を抱えており、車いすでの生活を続けている[1]

幼稚園の頃、図書館から入門書を借りてきた父親に囲碁を勧められ、囲碁を始めた[2]。岐阜市内の囲碁教室で囲碁を学び[3]、2013年、小学6年生のときに出場した少年少女囲碁大会で女子としては14年ぶりとなる優勝を果たす(前回の女子の優勝は1999年の向井千瑛[1]。優勝後、6年生で日本棋院中部総本部の院生となる[2][3]。院生になって以降、男女を問わない一般採用試験で4回、女流棋士採用試験で3回の敗退を喫するなどなかなかプロ入りを果たせなかったが、2018年2月の女流棋士採用試験では本戦で11勝0敗の成績を残して合格し、プロ入りを果たした[4]。このころの心境について「諦めそうになったこともありましたが、できないことが多いからこそ、自分にはこれしかないと言い聞かせて頑張りました」と語っている[2]

2018年4月に入段、関西総本部に所属する。第22期女流棋聖戦では予選を勝ち抜け、本戦でも準決勝まで進出した。準決勝では藤沢里菜に敗退したが、入段初年となる2018年は対男性棋士を含めて15勝6敗の好成績を残した[3]

2019年4月、中部総本部に移籍[5]

人物[編集]

高校は通信制であるNHK学園高校に進学。午前中は自宅で高校の勉強をし、午後は囲碁の勉強に没頭する日々を送っている[1]。もともと利き腕は右手だったが、骨が変形して使いづらくなった時期があったため囲碁を打つ際には左手を使っている[2]

囲碁について「碁盤の上では自分の体のハンディも関係ない。囲碁を楽しめるようになってからは、病気のことで悩むことがなくなりました」と語っている[2]

棋歴[編集]

  • 2013年 第34回少年少女囲碁大会で優勝
  • 2018年2月 日本棋院の女流棋士採用試験に合格
  • 2018年4月 入段。関西総本部に配属
  • 2019年4月 中部総本部に移籍

脚注[編集]

  1. ^ a b c 難病の車いす女性プロ囲碁棋士、17歳加藤 男性中心の世界に風穴を” (日本語). Sponichi Annex (2019年1月24日). 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e <スタッフが聞く> 難病のある高校生プロ棋士・加藤千笑さん” (日本語). 中日新聞. 2019年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c 最年少10歳プロだけじゃない 難病車いす女性プロ囲碁棋士も快進撃” (日本語). Sponichi Annex (2019年1月10日). 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ 囲碁に出会えてよかった、難病の女子高生 プロへ決意:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年2月6日閲覧。
  5. ^ 【移籍】加藤千笑初段 中部総本部に移籍” (日本語). 日本棋院 (2019年4月1日). 2019年4月6日閲覧。